著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用してアクアリウムのコツや自作改良、水草の実証実験など経験を語っていくブログです。

  • アクアリスト仲間でワイワイするために情報発信していきます
  • 100円ショップ材料で亀水槽の水上に緑地自作

    f:id:notcho:20210325113803j:plain

    コン!(ちわっ)、葉きつねです。
    ついに亀水槽に緑地を作ったので今回はそのご報告ですっ☆
    正直、大した自作ではありません・・・
    ステンレスフックが錆るって課題も残ってしまいました。。
     
    ですが、簡単に作れるので手軽工作は楽しかった♪
    まぁ少しずつ改良していくのも楽しいよね、趣味ですし!
     
    今回のテーマ
    水槽の上部に水の流れる池を作る
    (作るキッカケから製作、設置まで)
     
     

    亀水槽の見た目の悪さ

    ずっと気になっていました。。
    観葉植物との共存システムは安定稼働しているんですが、
    リビングに置かれたこの水槽はあまりに美しくない。。
    亀水槽だから多少は仕方ありません。
    亀は水をよく汚すし、水草も食べてしまうから。
    でもどうしても2つ気になることがぁぁ・・・
     

    背面の汚れをシリコンコーティング

    以前は発泡スチレンボードで裏の水中ポンプとの仕切りになっていました。
    素材的に汚れが目立ち、掃除しても取れないので黒のアクリル板を
    接着してみたのですが水面に出てる部分は足りなくて…
    雑な葉きつねはシリコンシーラントを塗りたくって見たのです。。

    f:id:notcho:20210325114143j:plain

    おかげで海苔が引っ付いてるみたいに見えますꉂꉂ(>ᗜ<*)
    (あまりに汚いので写真載せるのもすごく恥ずかしい。。)
     

    水底は掃除しやすくベアタンク

    ベアタンク=何も無いって事です(笑)
    おかげで亀の糞が溜まり水換えまでの間がずっと汚らしい。。
    生物濾過も足りないのでしょう、、茶ゴケも発生してガラス面を這ってます。

    f:id:notcho:20210325114232j:plain

    この水底については別の記事で書きますが砂利を敷いて、
    ついでに自作底面フィルターを導入しようと思います。
     
     

    隣の水草水槽ライトの光が射しこんでてピーン!

    隣に水草水槽があり、そこのLEDライトが右寄りなので亀水槽にも光が射します。
    射しますが何も水草はありません・・。

    f:id:notcho:20210325114501j:plain

    こんな風に試しに水草を入れてみたのですが数日で食い荒らされて、
    ただの棒きれになってました(;^ω^)

    水中に水草はムリだなぁ・・・ピーン!閃きました!!
    水面に緑地を作って水草を繁栄させようかと思いつきました☆
    観葉植物の鉢と同じ理屈ですね(既知のアイディアです。。)
     
    最初から水槽の上部に作ればよかったんじゃ・・・
    (まぁ、拡張性があるってことで許して。。)
     
     

    100円ショップで材料を購入

    水槽は30cmキューブ、有効寸法はW285H50D150(mm)
    ガレージを漁ったら昔買ったアクリルケースを発見!
     
    次に100円ショップへ行って30cmキューブ水槽の上部に
    固定できる金具がないか探します。
    ステンレスフックがちょうど良さそう☆
    以前にも水合わせアイテム自作でお世話になりました☆
    今回もお世話になることにします(笑)
     
     

    製作工程(簡単)

    雑ですが簡単な今回設置する緑地の立面図です(笑)

    f:id:notcho:20210325114816j:plain

    亀のいる水槽の縁にフックで引っ掛けることにしました。
    アクリルケースの横に穴を開けて、そこにフックの先端を通して固定します。
     
    フックをケースに取り付ける
    アクリルケースにフック用の穴をドリルで開けます。
    そこにフックを差し込んでシリコンシーラントでコーキングするだけ♪
    正直全然強度は低いですが穴から水漏れしないし、
    そこまで力のかかる部分ではないのでこれでやってみます。
    シリコンが柔らかいので乾いても、フックはプルプル動きます(笑)
     
    排水はオーバーフロー式
    底にも穴を開け、塩ビ管を貫通させます。
    ケースの縁より少し低い高さに調整します。
    これでケースの縁から漏れ出ることはなく、
    塩ビ管から下の水槽に排水される。
    まぁ要は葉きつね工作で得意技の
    オーバーフローですね☆
     
    給水は背面の水中ポンプから
    給水は背面の水中ポンプから分岐させたティポイントのエアチューブ余りがあるので、
    それを壁に穴あけて前面に回してきました。

    f:id:notcho:20210325115016j:plain

    これもまた汚らしい写真をスイマセン!!
    いつも蓋しているから全然掃除してなくて。。(言い訳)
     
     

    設置します

    100円ショップで買ったフックをこのように水槽の縁に引っ掛けます。

    f:id:notcho:20210325115115j:plain

    背面の海苔を隠すように水槽上部の左右の縁にフックで引っ掛けて吊るしました。
    取り急ぎ、大繁栄しているリシマキア、オークロをトリミングして植えてみました。
     ※オークロ:オーストラリアンクローバー
     
    引いて見てみるとこんな感じです。

    f:id:notcho:20210325115227j:plain

    いきなり流木が生えました(笑)
    拾ってきた流木を配置して大好きな上高地にある大正池っぽく…なったかな?ヾ(・ω・`;)ノ
     
    水草がいっぱいに繁栄すれば素敵な感じになるんじゃないか、、と期待☆
    水草水槽から石に生したウィローモスの塊も左手前に植えたのでこれが繁栄するといいなぁ。苔むした緑地サイコー!!
     
    また、成長したら報告しますね!
    コンコーン!(ばいばーい)
     
    亀の飼育仲間を増やしたいので、応援頂けるならポチリお願いしま~す☆

    にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
    にほんブログ村

     
     当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
     広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
     Cookie(クッキー)を無効にする設定及びGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」を
     ご覧下さい。