著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用してアクアリウムのコツや自作改良、水草の実証実験など経験を語っていくブログです。

  • アクアリスト仲間でワイワイするために情報発信していきます
  • 陸地のハイゴケが黄色に変色、また失敗か!?【アクアテラリウム】

    f:id:notcho:20200517081533j:plain
    コン!(ちわっ)、葉きつねです。
    以前からメイン水槽の陸地を苔むす森にすべくハイゴケを植えているんですが・・・
    霧吹きの回数を変えてみたり、霧発生装置を導入したり、色々と考えたものの、
    枯れてしまいました。。

     

      

    現在の状況から原因を探る!

    では、まずは現状です・・・(ひどい有様。。)
    f:id:notcho:20200517080651j:plain
    朝晩の霧吹きでは足りないっ!?
    岩山(写真左側)に貼り付けたハイゴケはスケーピンググルーで固定されているだけで
    見事に茶色く枯れてます。。
    過去の記事で書いたようにエアコンの風が壁を回り込んで入ってくるようで

    乾燥が激しく、、毎朝・毎晩霧吹きしていたんですが枯れてしまった。。
     
    じゃあ自動化して霧吹きの回数を増やせば…?
    そこで霧発生装置にタイマーを付けて2時間おきに15分動かして水やり
    をしたんですが、、これも失敗!!
    霧は水面に溜まってしまって岩山あたりは麓すら霧が滞留せず。。
     
    成功しているところはあるんです! 
    排水ホースからの水の通り道になっている流木の上のハイゴケ(右上)は元気な緑色。
    また、ハイゴケのコロニー(右下)はかろうじて緑の部分が残ってます。
    崖に張り出した石の上にいるんですが朝・晩の霧吹きの効果ですかね。
    でも、あまり綺麗じゃない・・・
     
    イモリ飼育者の苔維持に感動☆
    ここ数ヶ月苔の維持管理にずぅ~~~と悩んでいるんですが、
    イモリウムやっている方とか綺麗に苔を育成してらっしゃって尊敬です!!
    イモリ脱走対策で上部に蓋しているので湿度が保たれるんでしょーか??
    上部が開放しているアクアテラリウムで苔を綺麗な緑で育てる方法・・・
    何かいいアイディアないでしょうか。。。
     
    苔維持のアイディアを考えてみる・・・
    ビバリウムのシステムで水中ポンプからミストシャワー・・・
    これは今も霧発生装置で近い環境にはしてるもんなぁ。。

    水はけを悪くしてみるかっ!ケト土なんかを塗りたくって・・・

    まだまだいいアイディアが思いつかないので、、
    ひとまずはもう少し緑を増やしてアクアテラリウム陸地を少し栄えさせる事にします。

    僕の大好きな苔生したアクアテラリウムには届かないので、
    観葉植物を植えて一度、苔から離れようと思います・・・(笑)
     

    パトリック・ブランを見習って植物選び

    では、この環境に適応する植物をパトリック・ブランのように選んでみます。
    彼は場所によって環境の変わる垂直庭園を創るのに植物の特性に合わせて選んだそうです、さすが植物学者・・・って僕はそんな大層なことは出来ませんが、
    アクアテラリウムの乾燥した陸地に合う植物を選ばないと苔のように育ちません。。

     <チョイスの条件>
     乾燥に強く、水はけの良い土を好む植物で水耕栽培が可能な
     葉が小さくアクアテラリウムに向いたものを探してみましたよー。 
     
    候補①ミューレンべキア

    f:id:notcho:20200706073149j:plain
    活着はしないけどツルのように細くワサワサになる。
    別名ワイヤープランツのほうが園芸店で馴染みですね。
    グランドカバーになるので屋外でよく使われています。
    アクアテラリウムに使うには光量が懸念あり。


    候補②ベンジャミンバロックまたはフィカスプミラ

    f:id:notcho:20200706073233j:plain
    葉が丸まっているのが特徴のベンジャミンバロック。

     

    f:id:notcho:20200706073317j:plain
    葉の淵が白くてオシャレなフィカスプミラ。

    もう岩山の壁(写真左側)は諦めて火口にコイツを入れちゃって、
    岩山のてっぺんからまん丸の葉を密生させて、
    壁は流木貼って大木にしちゃうっていうレイアウトもいい。 
     
    候補③ディコンドラ エメラルドフォールズ

    f:id:notcho:20200706073421j:plain
    グランドカバーに使われるくらい育てやすく匍匐して成長していくので
    上手く誘引さえ出来て岩山に巻き付けていけば……
    ただ、屋外で使われる植物なので光量が心配あり。


    候補④多肉植物系

    f:id:notcho:20200706073446j:plain
    環境条件が最も合いそうなのが多肉植物。
    サボテン同様に乾燥に強く、水耕栽培も出来るので土が不要。
    でも、、渓流をイメージしたこの水槽に合わないんだよなぁ。。
    そして光量も2000lux程度のLED照明では足りない気がします。

     
    候補⑤フィカスs.p.
    つる性の小さな葉を匍匐させる種類のフィカス。
    これはレアなようでネットで探して1店舗しか見当たりませんでした・・・。
    (写真も見つけたらアップしておきます・・)
     
     
    素人なのでこの程度しかセレクト出来ませんでしたが・・・
    それでも頑張って色々考えたのですが、、
    園芸店に行くとお目当てはそうそう見つから無くて。。 
     
    結局、シマトネリコとアスパラスマイラックスというつる性植物を購入
     
    (-ω-;)アレ? 
     
    これを造形くんで乾燥した岩山の麓、
    右側流木で黒ずんだスナゴケを撤去して貼り付けました。
     
    (-ω-;)アレレレ? 
     
    気を取り直して、じゃじゃーーーーん!f:id:notcho:20200517080726j:plain
    当初、写真真ん中に配置していた流木2つは撤去! 
     

    結局は衝動買いして配置!!

    園芸店で綺麗な緑色に一目惚れして衝動買いしてしまった、、
    環境が合うか、お店の中で少しググった程度。

    f:id:notcho:20200517080735j:plain

     
    正直、調べて書いてあった通りに育てて成功したことはありません・・・

    f:id:notcho:20200517080744j:plain

     

    それでも全く環境の合わない植物には手を出さないようにしています。 

    f:id:notcho:20200517080757j:plain

    一目惚れした相手が自宅のお気に入りの場所で枯れていくのを見るだけなんて・・・
    そうならないような植物ではありそうでした♪

    ただ、このままでは寂しいので根元に性懲りもなく苔を貼り付けます。

    f:id:notcho:20200517080806j:plain
    またこのハイゴケ枯らしてしまうんじゃないか・・・。
    前回と異なるのは水はけが悪い「造形君」を土台にしていること!

     
    造形くんの土の上なので、前回の岩の上より湿度が保てる。
    これで育ってくれたら造形くんを追加購入だな!!
     
    水槽上部は開けておくしかないんです!
    湿度を保つためにサランラップで密閉する実験もやってみた、、
    でも、そうするとラップに水蒸気がついて光が乱反射して弱くなってしまい
    ロタラが上に伸びた。。

    f:id:notcho:20200517080814j:plain
    右の密生したのがそのロタラ。
    まぁ、これはまん丸に密生してもいいんだけど、光が弱くなっているってことは
    水中のグロッソが徒長を始めてしまう。。

     

    芝生化させたい僕としては、それは避けたい!!Σ(|||▽||| )

     
    さてさて、どう育ってくれるか楽しみです☆

    f:id:notcho:20200517080826j:plain

     
    写真を見ながら思う自己評価
    右側はなかなかイメージ通りに成長してくれた♪
    問題は真ん中から左側にかけて、、砂漠のようだ。。
     
    また、報告させてもらいます☆
    コンコーン!(ばいばーい)
     当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
     広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
     Cookie(クッキー)を無効にする設定及びGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」を
     ご覧下さい。