著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用してアクアリウムのコツや自作改良、水草の実証実験など経験を語っていくブログです。

  • アクアリスト仲間でワイワイするために情報発信していきます
  • 【アリスレコード】シノアリスをプレイした狐のプレイレビュー☆

    f:id:notcho:20191031230349j:plain

    最近ではCMにもなっているシノアリスをプレイしている葉きつねが新作ゲームに挑戦してみました!
    ここのところゲーム熱の高い葉きつねが同じ題材のゲームをしてみたので感想など残します。インストールの参考にどうぞ♪
     

     

    ========================

    総評(10点満点):8点

     <RPGゲームの評価項目>

      ストーリーの深み:   8点

      物語のテンポ:     2点

      バトルシステムの戦略性:6点

      キャラデザ:      9点

    ========================

     

    概要

    f:id:notcho:20191031230639j:plain

    かなりダークな世界観が特徴、狂気の世界でアリスと呼ばれる美少女たちでパーティを編成して戦うRPGゲーム。シノアリスといい、このゲームといい、
    不思議の国のアリスを題材にしたものは世界観が暗い・・・。
    まぁそんな先の読めない強烈な世界観のほうが物語も先が分からなくて楽しいのだけど。
    研究所の実験の事故により生まれた不思議の国はこの世界を上書きしながら拡大しており、それを食い止めるべくイデアを着込んだアリスたちがプレイヤーを巻き込みながら調査を進めていくという少し現実感のある設定。
    シノアリスは完全に別世界だったし、登場するキャラが主体で気味の悪い人形と会話していく形だったが、このゲームはプレイヤーが主人公、入り込みやすい設定になっているのかもしれない。
     

    ゲームの主な流れ

    f:id:notcho:20191031230901j:plain

    1.「不思議の国」アイコンからメインストーリーを進める
    2.上記アイコンの先にある「七曜の大扉」で強化アイテムを収集
      お金や強化素材、装備強化素材、アリス自身の強化が出来るが毎日回数制限あり。
    3.アリスたちを育成
      集めた強化アイテムをアリスや装備に使用して強化。
      アリスたちに贈り物をして親密度を上げていくとボイスや
      アリス毎のサブストーリーが開放される。
    4.他のプレイヤーとロワイヤルバトル
      残念ながら今のところチャット機能はないので他プレイヤーとの交流は図れない。
      報酬に「ドッペル」が手に入る。交換所でアリスのメモリーや装備と交換できる。
     5.イデア召喚で新しいパーティ編成を考える
     
    大体、こんな流れかな。まだこれから色々実装されそうですが。
     

    バトルシステム

    自分の持っているアリス5人と控えとなるフレンドのアリスで6人でパーティを組んで戦う。控えと交代はボタンを押すことで好きなアリスと交代できる。

    また、スキル発動はセレクトとタイミングはプレイヤーが操作する。

    f:id:notcho:20191031232421j:plain

    攻撃はアリスたちが勝手にしてくれるのでスキル発動タイミングだけ操作する。
    オートボタンを押すとスキル発動も自動になる。
    スキル自体は画像一番下のようなカットインが入るものの、エフェクトは小さめ。
    アリスや敵の周辺に少し攻撃エフェクトが走る程度。今後に期待か!?
     

    f:id:notcho:20191031232609j:plain

    ストーリーのバトルでもアリスたちに経験値が入る。
    この他には後述するがアイテムによる強化も可能、こちらのほうが手っ取りばやく
    レベルマックスまで育成できる。
     

    f:id:notcho:20191031232737j:plain

    アリスを強化していくとスキルが開放され、最大4つのスキルが打てるようになる。
    画像上段はまだ皆1つしかスキルがなかったが、ゲームを進めてアリスたちのレベルを
    最大まで高めると画像下段のようにスキルが4つに増える。
     

    スキルの種類

    大きく分けて種類はアクティブスキルとパッシブスキルの2種類。
    アクティブはバトル時にプレイヤーが発動タイミングを操作できる。
    パッシブスキルはWave開始時、攻撃時など自動発動型だ。
     
    発動するスキルの内容は主に6種類
    ・複数の敵へ攻撃
    ・敵1体に極大ダメージ攻撃
    ・味方数名の能力値アップ(攻撃力や精神力、クリティカル率など)
    ・敵数名の能力値ダウン(同上)
    ・敵数名へデバブ付与(睡眠、毒、魅了)
    ・味方数名のHPを回復
     
    スキル強化方法は未実装!?
    イデアを強化してもスキルレベルは上がらなかった。
    他の方法があるのかアチコチ探してみたけど、、見当たらない。。
    今後実装なのか、ストーリー進めると開放されるのか?
    今のところメインストーリー第7章9話まで進めたけど開放される兆し無し
     
    同じアリスでもイデアによって見た目もスキルも戦闘力も大きく変わるのは
    キャラクターデザインで後述しますので、アリス別にスキルを載せてみるよ。
     
    アリスナンバー・フォー「ファスルウ」

    f:id:notcho:20191108170747j:plain

    f:id:notcho:20191108170809j:plain

    f:id:notcho:20191108170835j:plain

    まぁあんまり好みのキャラではないんだけど沢山持ってたのでわかりやすいから
    ご紹介ww
    上段画像のファスルウはノーマルでイデアを未付与と思われる。
    中段、下段はそれぞれ狂騎士、魔法のランプのイデアが付与されたファスルウ。
     
    イデアによって変わる所有スキル
    中段の狂騎士のスキルは極大ダメージを与えたり敵の攻撃力を大きくダウンさせるなどの良スキル持ち。
     
    アリスナンバー・シックス「ミヤ」

    f:id:notcho:20191108171101j:plain

    f:id:notcho:20191108171200j:plain

    イデアのない上段画像のミヤは毒スキルを持っていない(継承で付与しただけ)
    下段画像のイデア付与されたミヤはそのイデアの特徴なのか毒スキルを持つ。
     
    継承とは?
    同じアリスはスキルを1つ継承できるので、ここではイデアなしミヤに
    イデアありのミヤが持つ毒スキルを継承で付与してみました。
     
    アリスナンバー・ナイン「タマモ」
    f:id:notcho:20191108172507j:plain

    f:id:notcho:20191108172524j:plain

    タマモは回復スキルがあるので重宝!
    継承で竜宮の仙女のタマモに回復スキルつけてパーティに入れてます♪
     

    キャラクターデザイン

    バトルの時はちびキャラになるが、ストーリーやステータス画面では
    下のようにリアルな綺麗な絵で描かれている。イデアによって同じアリスでも
    見た目が変わるので組み合わせを集めて収集を楽しむのも☆
     
    アリスとイデアという二つの概念があるので最初混乱するけど、
    基本的にはその二つが組み合わさって1キャラ。その単位で育てていくことになる。
    アリス・ナンバーと言われるだけに10体くらいはアリスにも種類があるみたい。
    ここで一部入手した中から紹介するよ♪

    f:id:notcho:20191031233754j:plain

    このようにアリス毎にだいぶタイプが異なり、皆同じアリスなのだが名前が付いている。

    f:id:notcho:20191031233838j:plain

    また、このアリスたちはイデアという空想人物の魂のようなものを
    着込むからややこしい。
    例えば、画像上段のエルエはイデアによって下のように違いが出る。

    f:id:notcho:20191031234044j:plain

    上段は鏡、下段は茨の魔女を着込んでおり見た目も戦闘力も大きく変わる。
    イデアは魂みたいなものなのか、アリスはそれを感じ取れるみたい。

    f:id:notcho:20191031234402j:plain

     

    育成システム

    イデアによって戦闘力がかなり違ってくる。また、スキルも同じアリスなのにイデアによって回復系スキルを保有していたり、高火力寄りだったりと様々。

    ついついお気に入りのアリスで揃えたくなるけど、イデアで見た目も変わってくるので
    色んな組み合わせの中からお気に入りを見つけて育てるのも面白いかも☆

    f:id:notcho:20191031233155j:plain

    葉きつねは戦闘力をベースにスキルに火力と回復、ステータス異常が満遍なくあるようにパーティを組んだ。
     
    このパーティに妖しい果実という強化アイテムを与えることでレベルアップし、
    スキルやアビリティを覚えていく。

    f:id:notcho:20191031235137j:plain

    消費するのは強化アイテムとお金。今のところ金欠にはなってないかな。
    そこまで強化にかかるお金はないみたい。
     
    その他、覚醒させるとレベル上限が突破される。
    これにも特殊なアイテムとお金が消費される。
    この特殊アイテムは「●●のメモリー」で召喚(ガチャ)で重複した時に入手した。

    f:id:notcho:20191031235341j:plain

    この他にイベントクエストにある「修練の扉」でバトルに勝つとアリス達自身の能力が
    1回につき+50ほど上がるのでメインストーリに詰まったらコツコツやってます。 

     

    ストーリー

    f:id:notcho:20191031235552j:plain

    ゲーム開始からシリアスで惨い展開が続く。

    f:id:notcho:20191031235622j:plain

    f:id:notcho:20191031235641j:plain

    まるでプレイヤーはバラバラにされた上で心だけ紅茶に溶かされ、
    殺人ウサギと話しているかのような展開から始まる。
    記事書いていて気付いたけど、途中で食事の盛られた庭のテーブルの絵が
    殺したアリスたちを食すような残酷な絵に変わっていたような。。
    話の途中から真ん中のガラス蓋で閉じられたケーキがアリスと思われる頭に
    なっているのでゲームをプレイして確認してみて欲しい☆
     
    このあとプレイヤーはアリスたちと出会い、助け出されて組織DIDA(ダイナ)に連れていかれる。

    f:id:notcho:20191101000106j:plain

     

    途中、バトルのチュートリアルを挟むんだけど、ダークファンタジーの世界観から一転してちびキャラによる可愛らしいバトル説明になるのがプレイヤーとしてはついていきにくかった( ̄▽ ̄;)

    f:id:notcho:20191101000056j:plain

    ダイナでの説明によると、研究所の地下階で行われたブラックホール生成実験の失敗で「不思議の国」が生まれ、この世界を侵食し続けており地球上の全てを取り込むのも時間の問題だという。

    不思議の国にはワンダラーと呼ばれる話の通じないモンスターがいる。彼らと戦えるのが空想の人物を召喚するイデアを着込んだアリスたち。博士は少しは話の通じる三月ウサギというワンダラーを捉えて不思議の国を制御または破壊のヒントを得ようとする。
    そのダイナの目的を達するための鍵だとしてプレイヤーは巻き込まれていきます。
     

    組織とプレイヤーの出会いを図解

    f:id:notcho:20191108183017p:plain

    かなり作り込まれた世界観、ストーリーは期待出来ると感じた☆
     
    実際、メインストーリーを進めていくと途中で下のように様々なアリスと出会いながら不思議の国の謎を解き明かしていくんだろう、とてもわくわくする展開。

    f:id:notcho:20191101000309j:plain

    そして、アリスたちは総じて性格が異常(ジャック以外)

    f:id:notcho:20191101000350j:plain

    やはりアリスたちはナンバーが付いているみたい。
    第5のアリス!とかって感じかな。

    f:id:notcho:20191101000431j:plain

    たまに急にプレイヤーに回答を求められるんだけど、選択で何か変わるのかな・・
    別のアリスから呆れられるロリコン(?)のファスルウにはついていけない・・
     
    ・・・と、ここまではメインストーリーを楽しんでいたんだけど、、、
    結構間延びがあります!!
     
    物語のテンポは悪いかも?
    第6章の終わりまでは主人公が開けられるという謎の「午後の森」までの道のり。
    アリスたちにとっては慣れた旅路なのかアリスたちの独特の性格が
    紹介されるだけなので正直間延びを感じました。。
     
    僕も第7章の途中なので分かりませんが物語に動きが出てきたのは
    この午後の森の門をくぐった第7章以降。

    f:id:notcho:20191108174454j:plain

    ネタばれするので画像はこの一枚だけにしておきます
     
    1章につき3~4回の短い文章だけのストーリーとバトルが6回ほど。
    これが4章までは続いて、5章に入るとアリスたちとの会話ストーリーなど
    少し動きが出てきますが物語として動き出すのは7章。
    ここまでがちょっと苦痛で、、読書しながらオートバトルしてたな・・。
     
    まとめ
    まだ未実装のスキル強化もあるし、物語も濃厚で狂気に満ちていて
    イデア収集の楽しみやアリス育成とやり込み要素もあるのでダークな世界観が好きならやってみてくださーい。

    ただ、ガチャ回しの好きな人には・・・
    ちょっと有償チケットばかり優遇されていて嫌になるかも。。
    正直な感想はこんなところでした☆
     
    あくまで参考までに読んでくださいませ♪
    コンコーン!(ばいばーい)
     
     当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
     広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
     Cookie(クッキー)を無効にする設定及びGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」を
     ご覧下さい。