著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用してアクアリウムのコツや自作改良、水草の実証実験など経験を語っていくブログです。

  • アクアリスト仲間でワイワイするために情報発信していきます
  • アクアテラリウム始めます!!~陸地製作編~

    60cm水草水槽をリセットして、
    ずっと計画を練っていたテラリウムにします!

     

    水槽をリセット!!

    もともとアクアリウムやっていたので60cm水槽のお掃除から~(´Д`)ハァ…
    ミナミヌマエビやらコリドラスを捕まえるのに一時間格闘し・・・別のスリム60cm水槽に退避させました。

    f:id:notcho:20190316155528j:plain

    1月の寒いお正月、、痛いくらいに冷たい水道水で洗いました!
    苔だらけで2か月放置してたから頑固で。。

    右の白いタンクは水替えを楽にすべく計画している給水タンク!(詳細は後日。。)

     

    レイアウト構想はコチラ!

    f:id:notcho:20190316160630j:plain

    汚い絵でスイマセン。。子育ての合間に描いてたもんで。

    アクアテラリウムで苦労するのは陸地作り。。

     

    ①陸地を考えます

    まずは絵の通りになるか、「絵に描いた餅」にならないよーに、
    段ボールで陸地を仮組みしよーと思います。

    f:id:notcho:20190316161030j:plain

    仮組みなのでビニールテープで適当に作って・・・

    陸地はセパレートさせて3つにしよう・・・

     

    設置!ででん!

    f:id:notcho:20190316160838j:plain

    f:id:notcho:20190316161145j:plain

    1番左は給排水ホースがあるので岩山にします。

    1番右は少し低くして高低をつけます♪

     

    ここで気付いた。。

    ヒーターやエアストーンを設置するのにガラス面に吸盤を付けますがこの陸地では貼れない。。

    左奥のメンテンナンス穴はもう少し工夫が必要・・・

     

    という訳で…………

    f:id:notcho:20190316161258j:plain

    結局こうなりました(笑)
    もっといい方法あると思うけど、材料とか考えるとこれが一番楽だった☆

     

    ここで更に気付いたのが陸地の厚み。
    それを考慮して図面を変更(図面って・・・w)

    f:id:notcho:20190316161435j:plain

    上が立面図(横からみた)、下が平面図(上からみた)。

    【立面図をみてください】
    左を高くして、右は一段低くして川を流れて池に流れるようにした。

    【平面図をみてください】
    奥に盆栽とか有茎水草を植えるスペースを作る。

    絵に描いた餅は、実現出来ず、寸法も変更。
    ついでに真ん中アーチだったのはやめました。
    観賞魚の隠れ家になってしまって僕が鑑賞できなくなるから・・・
    なんせ、鑑賞対象は臆病なうちのミシシッピニオイガメですからw

     

    ②陸地製作を始めます

    陸地は左右でセパレートさせて2つ作ります。
    図面では三つの予定だったけど、めんどくさくて(;^_^A

    材料はアクリル板!
    ホームセンターに売っているアクリル板を使って強固な陸地を作ります。

    f:id:notcho:20190316161748j:plain

    透明で見づらいですが横長で四角いボックス型で作ってます。

    やってみると簡単で、アクリルを溶かす液が接着剤になって
    溶接するのでかなり強度がある。
    (コーナーは補強パーツ入れてます)

    でもカッティングが面倒。。
    専用カッターでカットした時に切り屑が出るんですが
    これが静電気で手にくっつく。。作業場がゴミだらけに…。

    底面は面倒でアクリル板じゃなくて木材をシリコンシーラント材で接着しただけw

    シリコンシーラント、使えます!水漏れさせないようにシーリング出来る(写真の真ん中に見えるグレーのガン)
    気を付けるのは防カビ剤の入ってないものにしないと魚とかに影響が出るので注意。。

    土台に「デコパネ」という発泡スチレンボードを使って
    池の壁を作ります。

    f:id:notcho:20190316163213j:plain

    隅という隅はたっぷりとシリコンシーラントで水漏れしないように埋める!埋める!埋める!!(笑)

    左の陸地は木材で骨組作って、L字金具でボルト固定!
    メンテナンス穴は岩山にすべくペットボトルをカットして接着。

    f:id:notcho:20190316163401j:plain

    骨組は左右の陸地とも出来たのでここに石を貼り付けていく。

    石は「風山石」というのを通販チャームさんで購入。

    f:id:notcho:20190316163749j:plain

    f:id:notcho:20190316163752j:plain

    ふう、、石を一つ一つ貼り付けるの疲れたーーー。。

    さて、次回は水槽にやっと設置です。

    ここまで2か月がかりで週末に作業・・・。材料買い足したりしたしね。。

    それでは設置をお楽しみに~
    コンコーン!(ばいばーい)

     

    次は設置編です、こちらへ↓

    www.notcho-camera.com

     

     当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
     広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
     Cookie(クッキー)を無効にする設定及びGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」を
     ご覧下さい。