著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用してアクアリウムのコツや自作改良、水草の実証実験など経験を語っていくブログです。

  • アクアリスト仲間でワイワイするために情報発信していきます
  • ペンタブなんて要らない!スマホでデジタル絵を描いてみた☆

    ペンタブ、欲しいけど高いのでコブタさんから許可で出ません。。
    そんな訳で、何とか絵を描けるように「スマホを使ってデジタル化」に挑戦してみた!

     

    スマホのアプリで手書きの文字をスキャンしたり名刺をスキャンしてデジタル化する~

    ってな記事をみた事があって、絵を描きたい僕はいい方法(無理やりな方法とも言う)

    を思いつきました☆

     

    万年筆を使いたがる僕には最適なアナログスキャンしてデジタル化戦法!!

     

    方法はいいんだけど、大きな問題を僕が持っていた、まぁいいか、それは最後に。。

     

    まずはふつーに手書きで絵を書くよ♪

    下書きをアナログで描いてスキャンアプリで取り込む!

         白紙の紙に大好きな万年筆で絵を描いちゃいます。

         描いたらスマホで取り込みます!
         (取り込むって言ってもスキャナーアプリ「Cam Scan」で写真撮るだけ)

         結構綺麗に取り込めるんですよ↓

    f:id:notcho:20180220222011j:plain

        デッカぃ!!
        キャンパス調整が出来ないのであとで写真加工アプリとかで
        リサイズが必要ですね。。

        ポイントはペン入れの時になるべく太く書く事。
        細いと写真に写らず、この後の作業が大変になります
        (デジタル環境で再度ペン入れとか・・・)

     

    スマホにスケッチアプリを入れる(Android端末)

        Androidアプリは沢山お絵描きアプリが存在しているので

        今更紹介する事もないと思うけど、、この時使っていたのは

        「アイビスペイントX」ってアプリ。

        <お絵描きアプリを1つ紹介

         「アイビスペイントX」、このアプリなんと描いた絵を
          他のユーザーと共有出来ちゃう♪他の人が描いた絵を鑑賞したり
          描いている工程を動画撮れたりするとかスゴイ!!

          暫く勉強のため使ってましたが僕にはハイレベル過ぎて
          恥ずかしくなって共有しなくなっちゃいましたがww    

     

     

    彩色とペン入れを微調整する

         パソコンでやりたい時はGimpってフリー画像編集ソフトを使ってます。
         色々機能が豊富で加工出来るので本格的に編集が出来ますが・・・
         面倒なので今回はスマホだけで~♪(絵をナメるな・・・)
         先程インストールしたアイビスペイントXを使って
         線を直したりペイントします。

     

    はいっ、完成!!

            結構あっと言う間!!(本気の人はこんな雑な手順じゃないと思うけども)

         スマホカメラが高機能だとそれだけ取り込みが繊細になるのでもっと早い!

     

         完成品はコチラ↓

     

    f:id:notcho:20180220221900j:plain

    ちと、画像サイズがデカスギマシタ(´Д`;)

    初心者が見よう見まねの思いつきでやるとこんなもんww 

    大好きなセブンスドラゴンのゲームキャラクターを見よう見まねで描いてみました。

     

    本当に下手くそだけど、
    こういうのを沢山描いて撮った旅の写真と融合した作品を創りたい♪

    頑張るぞー!!(泣)

    日々練習!れんしゅう!・・・、ばいば~いっ!

     当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
     広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。
     Cookie(クッキー)を無効にする設定及びGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」を
     ご覧下さい。