著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用してアクアリウムのコツや自作改良、水草の実証実験など経験を語っていくブログです。

アクアリウム10年を振り返る~自作試行錯誤の変遷~

f:id:notcho:20210124114310j:plain

コン!(ちわっ!)、ついに今年で11年目を迎えたアクアリストの葉きつねです。
気付いたら11年目だったので10周年振り返りをこのタイミングでまとめてみました☆
こうして振り返ってみると、色々試行錯誤してきた割には美しい水景が出来上がってませんね・・・
飽き性なので毎年1月にリセットしては夏頃には飽きて・・・を
繰り返してきた気がします(笑)
  

苔テラリウム(2010年11月)

初めは水の入っていない植物だけの箱庭に興味がありました。
飽き性なので絶対こまめな水やりとか出来ないのは分かっていたので
自動でミスト散布するシステムを画期的だな! と感動したのを覚えてる。
 
文豪の趣味を真似たのです
「いま、会いにゆきます」著者の市川拓司さん知っていますか?
市川さんが当時書いていたブログにシダ植物を水槽に入れて
霧で水やりしているのをみてテラリウムを始めました。

f:id:notcho:20210124114404j:plain

元々苔が好きだったので拓司さんはシダ植物の水槽でしたが、
僕は大好きな上高地にある大正池を苔、石、流木で表現したくて
自分なりに作ったのがこの写真のテラリウムでした。
 

ミストの仕組み

当時はお金もなかったので、
加湿器を改造してお風呂のパイプを装着して
コンセントタイマーでペットボトル加湿器からミストを送り込んだ。
サボりがちな水やりはこの自動ミストにお任せ。
 

山もみじ盆栽をメインに植栽

当時学生の身にしては高価だった盆栽を5000円も出して購入して植栽。
あまりよく分かってなかったけど、移植は成功☆
しっかり紅葉もしてくれました♪(写真無いけど)
 

苔の育成は未熟

苔については自動ミストで湿度を保てば……なんてあまく考えていたけど、、
蓋もないので湿度はメタルハライドランプで一気に吹き飛んでたから
苔の育成は全然上手くいってなかった。
 
枯れたらドライブで山から採取してきて植える、この繰り返しでした。
 

特殊な苔に手を出して全滅

うさぎ苔とかクリオネ苔に手を出して、、
当時は日を好むかどうかとか湿度とか分かってなかったのですぐに弱らせ、、
それを水カビのせいだと考えてカビ除去剤を散布して山もみじ含め全滅。。
 
本当に雑なコトしてました。。

f:id:notcho:20210124140656j:plain

↑うさぎ苔、根の部分から捕食する食虫植物だそーです。

f:id:notcho:20210124140719j:plain
↑クリオネ苔。
    流木の陰に後で逃がしたけど焦げるように弱っていった。。

 
実は構想から考えると数年はこのテラリウムを楽しんだのですが、
植物の変化が少なくてつまらなかった。
ここでアクアリウムに変えることに。
 
 

水草水槽 赤子並みの初心者(2011年3月)

f:id:notcho:20210124140801j:plain

水草の成長の早さに驚き、グロッソスティグマの芝生に憧れて何度もグロッソ購入。
結局ベトナ厶スプライトばかり伸びてくる( ̄▽ ̄;)
モスマットも買ったのですが芝生化することはなく(トリミングもしなかったからね)

f:id:notcho:20210124140857j:plain
初代ベタ(黄色)
とても綺麗なデルタテールベタであまり見かけない黄色だったので
一目惚れで即購入してしまった。

 
 

レイアウトを気にし始めた2年目(2012年6月)

f:id:notcho:20210124140943j:plain

黄色ベタさんが☆になってさみしくなった水槽、暫く喪に服していましたが
水族館でハコフグを見てフグを飼育したくなり淡水フグを飼い始めました
(写真中央に南米淡水フグ)
 
グロッソスティグマ芝生化を目指す
元々、テラリウムの時から高光量を求めてメタルハライドランプを設置していたので
要求光量は十分!
二酸化炭素添加も発酵式ペットボトルを自作して添加していました。
ソイルが新しいうちは匍匐して芝生っぽくなってくれましたが、
この後半年もすると徒長を始めて上手くいかなくなりました。。
 
南米淡水フグは泳ぐのが好き?
初めはふりかけのような合成飼料エサを食べてくれなくて冷凍赤虫を与えていました。
でも慣れると聞いて1週間くらいかかりましたが合成飼料がメインに。
この子はずっと落ち着きなくて、ずっとガラス面にビビビビッすごい早さで泳ごうとするんです。
なんか、ここから出たいのかな?と思うと少し可哀そうにも思えましたがこんなチビじゃ、
そこらの自然で生きていけないでしょうw(そもそも放流しちゃダメですが)
 

一人暮らしと水草水槽(2013年12月)

f:id:notcho:20210124141012j:plain

6畳ワンルームの小さな部屋に水槽をニトリの長テーブルに設置。
いま思えば、ちょっと過積載だった・・・。
 
アヌビアスナナ城の建設
流木に巻き付けたアヌビアスナナがゆっくりジワジワと成長を続け、
ついには水槽の大半を占めるまでに大きくなりました。
流木から根をソイルまで伸ばしていく様は水中版ガジュマルのようでした。
 
 

照明をADAアクアスカイに変更(2014年6月)

メタルハライドランプからLEDのADAアクアスカイへ。

f:id:notcho:20210124141056j:plain

黒くてゴツイんです、メタルハライドランプ。。光量は一級品なんですけどねぇ~・・・。
アクアリウムショップでADA製品が紹介されていて、光量がすごく強くて興味が出ました。
 
電気代や電球交換にかかるランニングコストを比較
メタルハライドランプは2年で電球が切れました。
2回くらい交換したんですが替え電球が高価なんですよね。
LED照明は3年は持つというので交換の手間や電気代を考えて変更を決意!
結局、見た目もすっきりしたし既に6年は使えているのでいい買い物でした☆
 

水中の垂直庭園を目指す(2014年7月)

f:id:notcho:20210124141125j:plain

背面に黒い鉢底ネットが見えると思いますが、
これにウィローモスを沢山巻き付けて水中に沈めてみました。
背面が透けてみえるのが残念だなぁと思って始めた取り組みでしたが、
うまく活着してくれずネットから逃げるように伸びていくので上手く垂直庭園にはできなかった。。
 
メタルハライドランプに未練?
背面にメタハラの取付金具を残置していますw
LEDをまだ信用しきっていませんでした。やはり変化に恐れがあるんですねー人間ってw
 
 

アヌビアスナナ城でアーチ橋(2014年8月)

f:id:notcho:20210124141242j:plain
右奥に隠れるように配置していたナナ城の流木を真ん中に配置して、
三角の流木と繋いでアーチ橋を作ったレイアウトに変更し、
南米淡水フグのフシアナをメインに飼育していた頃。

 
設備が丸見えで汚らしい
当時は気にしていませんでしたが排水パイプやホース、電源線がみっともない。。
せっかく水草は繁栄しているのでメリハリが必要!(今なら気付くコトw)
 
垂直庭園を諦めきれなかったが・・・
まだ垂直庭園を諦めていませんねw両サイドに配置して結構うまく生えてきていました。
しかし、ホワイトエンゼルが垂直モスマットに挟まって☆になったコトから撤去しました。。
 
更に事故を起こし壊滅。。
エアポンプのエアチューブが抜けて水槽が酸欠になり、気付いた時にはほぼ全滅。。
ポコポコと水面で息をする音が聞こえた時に気付いていれば。。
生き残ったのはコリドラス数匹のみ。。
本当に申し訳ないコトをしました。。。。。自分のウッカリで生き物を死なせてしまった。
 
 

アクアリウムをやめる(2015年7月)

久々にアクアリウムショップの前を通りかかったのですが水草水槽は本当に綺麗。
そしてその時、海水水槽をみて色の鮮やかさに見惚れた。。
家にほぼ放置している水草だけの水槽。。
立て直すかなぁ・・・という気持ちが沸いてきた。
 
再開にあたって色鮮やかな魚をセレクト☆
この後、ショップを巡って見つけた赤ヒレのベタ“ 紅(クレナイ)”を迎えて水槽を立て直し謀るコトに。
南米淡水フグ”フシアナ”の死去から1年、もう熱帯魚はやめようと思っていましたが再開☆
色合いが気に入ってカージナルテトラとブルーラミジィも参入させたのですがこれがマズかった。。
ラミジィは気性が荒く、他のカージナルテトラを追いかけ回して……
 
 

カメ飼育を始める(2016年3月)

やはり丸っこい小さな生き物が好きな葉きつね、ミシシッピニオイガメを飼育開始!
水草との混泳は難しく、水槽の中にプラケースのキューブ水槽を入れて隔離。
その後、陸地を作ったら何度も脱走!!結局別の容器に移すコトに。
(エアポンプも二酸化炭素も要らないし、水換えも塩素気にしなくていいのでそこは楽)
 
カメの遊園地を製作
鉢底ネットで二つのケースを移動できる橋を作って、
餌は陸地で給餌しようと試みたんですが臆病者なのでいつまで経っても登りません。。
・・・って、思っていたら僕が見ていない隙にエサが無くなってる!!
しっかり登って餌を見つけて食べていました、めっちゃ可愛い♪
 
海外に水槽は持っていけません!
ここで想定していなかった海外出張・・・
嫁に給餌を押し付けて旅立ちました。
もう水草はあきらめて、魚とカメだけ元気ならいいか!と。
そして帰国した時にはすっかりアクアリウム熱が冷めており、、1年くらいは給餌のみで放置。。
 
 

混泳の難しさを知る(2017年)

紅(赤ベタ)もラミジィに苛められていたのに対策も打てず、海外勤務している間に弱っていき、、
最終的には嫁からの電話で悲報を受けて看取るコトなく2017年に死去。。
その後、いつの間にかラミジィは姿が見えなくなり・・・
残るはネオンテトラ、エビとカメだけになってしまいました。
ここでカメはこのメイン水槽に入れるコトに。冬が来てヒーターパネルに電気代がかかるので
ヒーター入れている水槽に戻ってもらいました。
 
 

貯水タンクの設置(2018年3月)

f:id:notcho:20210124141311j:plain
貯水目的で60cmスリム水槽をアクアスカイ上部に設置(強度保障なし)

カメが水を汚すので週2回の水換えをしたくて設置し週末に水換えする時に
貯水タンクへ給水して溜めておいて週半ばで注水を考えていました。
 
水は数日で腐ることを知る
土曜に水換えをして、水曜に貯水タンクを見るとモヤモヤした白っぽいものが水中にあります。
水カビ?ただ溜めているだけだったので細菌繁殖の温床になっているようです。。
水耕栽培なども試すが根腐れ、水カビ発生で断念。。
貯水タンクにゼオライトを底床として敷いてみるがあまり効果なし。。白い粉が汚らくなっただけ。
やはり水は循環させないとバクテリアが働かないコトを思い知りました。
 
 

アクアテラリウム化(2019年8月)

f:id:notcho:20210124141333j:plain
カメ以外に生体がいなくなっていたので思い切って水槽をリセットしました☆
2019年お正月から陸地製作して3月に完成したアクアテラリウム水槽。

 
ピグミーマッシュルームの世界
陸地にほんの少し植えたピグミーマッシュルームが夏に爆殖!!
光量不足なのか、水上葉がそうなのか分かりませんが葉の直径が肥大しました。
正直、あまり可愛くなくなってしまった・・・。
 
 

アクアスカイ退職(2020年3月)

f:id:notcho:20210124141406j:plain

アクアテラリウムやるのに上部に何かあるのはやりにくい。
そこで思い切って撤去してLEDライト1灯だけにしました。

本当は右側だけじゃなくて左側にも欲しいのだけど予算が足りないのです。。

f:id:notcho:20210124141444j:plain
それでも右側の陸地はモスが石に活着してモフモフしてきたし、
ロタラは花まで咲いて順調☆

 

f:id:notcho:20210124141503j:plain
左側の乾燥エリアに苔を配置したから湿度を保つべく

霧発生も設置してみたけど、あまり効果なかったなぁ。。
(右側のカメプールは掃除中で汚いので見ないコト!)
 

そして現在

現在3つの水槽を管理しています。順番に紹介していきます。
 
①アクアテラリウム水槽(メイン60cm水槽)
f:id:notcho:20210124141538j:plainメイン水槽は先ほど紹介したアクアテラリウム水槽。
陸地左側が乾燥気味でこれから土台からリセットしようかと考え中。
 
f:id:notcho:20210124141710j:plain
水中は芝生化には成功したものの、アオミドロとの戦いが継続中。
生体は現在ミナミヌマエビのみ。。
 
②カメポニックス水槽(カメと観葉植物の共存水槽)
f:id:notcho:20210124141840j:plain
循環している飼育水は観葉植物の水耕栽培ケース3つも通るようにしています。
左からADA侘び草、アイビー、ポトス、フィカスプミラ

f:id:notcho:20210124141900j:plain
最近ツイートで設置報告したばかりの上部水耕栽培ケース。

f:id:notcho:20210124141924j:plain小さなケースで育てていたミシシッピニオイガメさんを2019年に大きな水槽に
移してあげたくて考えたカメポニックス水槽。
観葉植物を水耕栽培で育てており、そのケースとカメ水槽は連結して
水が循環するアクアポニックスシステムで構築しています。
 
③室内家庭農場あくぽに(アクアポニックス農場)
f:id:notcho:20210124142219j:plain
カメポニックスが一年維持できて成功したので室内で野菜栽培を開始☆
栽培地を広くして熱帯魚エリアは苔掃除が要らないように遮光して
洞窟レイアウトにしています。
水中エリアの仲間たちはアフリカンランプアイ、ブルーエンゼル、レッドグラミー

f:id:notcho:20210124142236j:plain栽培エリアはリーフレタス(写真)、サラダ菜、ラディッシュ、クレソン

そして今は4つ目を製作中。
今度は水耕栽培システムです。。
オーバーフローの仕組みを利用するところはこれまでと同じ。
水草と苔を栽培する場所として作ります。
 

まとめ

そんな訳で雑に工作しながら沢山失敗を繰り返してアクアリウムを楽しんでいます♪
大して有益な記事は書けませんが、ぼっちアクアリストの僕にいつか沢山の仲間が増えるコトを願って書き続けていきま~す
 
ちなみに四つ目のシステムは大失敗しているのをツイートしているので、
今度まとめて記事にする予定なので笑ってやってください。。
コンコーン!(ばいばーい)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

【アクアリスト初心者向け】頑固なガラス面の苔 お掃除方法

コン!(ちわっ)、寒くて仕事中は
寝袋に足を突っ込んでコーヒー缶にお湯を入れて湯たんぽしている葉きつねです。
本当に寒くなりました・・・室内気温もだいぶ下がっているので室内の植物でも厳しい季節。。
あまり苔も生えてこない時期なので、お掃除アイテムを洗ってメンテナンスするので
頑固なガラス面のお掃除アイテムについてまとめてみました☆
 
メインはガラス面の掃除方法ですが、
これからアクアリウムを始めようか迷っている人にとってはどんなコトをしなきゃいけないか、
漏れなくまとめたつもりなので参考にしてください♪
 
 
 

アクアリウムで必要になる作業

アクアリウムを始めたら必要なメンテナンスは下記の5点です。
それ以外は設置した設備が勝手にやってくれます。
例えば水温はサーモで感知してファンで冷やしたりヒーターで温める。
(夏と冬で設備変える必要はある)
エアレーションもフィルターもそれぞれポンプがずっと稼働して頑張ってくれています。
 
でも下記は人の手でやる必要があります。
①餌やり(毎日1回)
②水換え(週に1度)
③底床掃除(②で同時実施)
④ガラス面のお掃除(②で同時実施)
⑤水草トリミング(②で同時実施)
 
f:id:notcho:20210116200343j:plain
 
 

餌やり

難しいのは量。
魚を増やした時にいつも悩んで多めに入れちゃうんですが水を汚して苔が増える原因になるので控えめがベスト。
数分で食べ切る量でいいと書いてあるのですが、大人しくて食べてない個体がいないかチェックも必要です。
うちはエンゼルが控えめな性格なので要チェック。ギリギリの量にするとエンゼルだけ餓死しそう。
 
また、1日2回って書いてある餌が多いですが、
僕は面倒臭がりなので朝1回にしちゃってます。。
小さな身体なので2回に分けて沢山食べてもらったほうが丈夫な気はします。
旅行に行く場合は自動フィーダーをセットしています。これは1日2回で設定出来るので良いのですが
餌の大きさによってうまく投下されなかったりするので事前に何度もチェックしてからセットしたほうがいいですよ。
 

水換え

これは別で記事を設けてありますのでそちらを参照ください。
週に1度行っておけば水草も魚にもいい刺激と安定の水質を提供出来ます。
苔も生えにくくなるので本当に大事です。
 

底床掃除

水換えで排水する時にプロホースという手動ポンプが付いたホースでサイフォンの原理を利用して
底に敷いたソイルとか砂利の隙間に埋まった糞や餌の食べ残しを吸い取って排水します。
水換え動画をYoutubeにアップしてますがすごく取れますので気持ちいいですよー♪
 
動画リンク-水換え- https://youtu.be/TBSpIefOmlY
 

ガラス面のお掃除

今回の記事メインとなるメンテナンスです。
後述しますがアクアリウム用品で色んな便利アイテムが出ています。
また、苔取り生体を入れて日々食べて削ってもらう方法もあります。
 
長期間放置した場合にスポンジでは相当力を入れてもなかなか取れなくなります。。
範囲も全面びっしりなので綺麗にするのに一時間くらいかかりました。
水槽リセットの時は水道水が春先で冷たくて苦労したなぁ~・・・
 
 

水草トリミング

日本淡水魚水槽、水草水槽なんて言われる淡水の水槽には
水草を入れていると思います。
バクテリアが分解しきれない硝酸塩などの栄養として消費してくれたりしますし、
水景がリアルになって映えるのでとてもいいんですがメンテは必要です。
 
トリミングとは?
ハサミで水草をカットするコト。
環境が良いと時期によっては毎週伸びてカットしたり、
光量不足で徒長してしまってカットする等。
魚やエビの食害で汚らしくスカスカになった葉を除いたりもします。
芝生のように這って生えて欲しい水草も上に伸びたらカットが必要です。
 
 

ガラス面を綺麗にするアイテム

アクアリウム用品をそろえる時に買う人、台所用品で済ませる人など
色々な人がいると思いますが僕が11年間で最も良かったものを書いておきます。
 

激落ちくん(メラミンスポンジ)

f:id:notcho:20210116200020j:plain

毎週の掃除はこれを使っています。
最近では100円ショップでも売っていて、
指3つで掴める大きさが丁度良いと思っています♪
目の粗い台所用スポンジと違ってあまり力を入れなくても
苔を掴んで削ぎ取ってくれます☆
 

スクレーパー

f:id:notcho:20210116200042j:plain

頑固にこびりついた黒ヒゲ苔にはコレ!
力づくで削ぎ落します!メラミンスポンジでもできますが爪とか指先が痛くなる。。
僕は100円ショップで見つけたプラスチック製のものを利用してます。
 

ダイヤモンドガラスクリーナー

f:id:notcho:20210116200108j:plain

長期放置してこびりついたガラス面の薄っすらと緑がかった苔にはコレ!
上記どのアイテムを使っても上手く落とせませんでしたが、
このダイヤモンド付きは強力でした!
やはり力はかなり要りますし、複数回同じ面をこすり続けないと落ちませんが
やはり少し高いだけある!ってことでしょうね。
 
 

ガラス面に効くコケ取り生体

これだけに頼る訳にはいきませんが、人手がだいぶ少なく済みます☆
水草の間などに生える藻のような苔とかガラス面の苔はだいぶ軽減されるので
エビや貝、プレコ系の吸い付く熱帯魚を導入するのはオススメできます。
 

ミナミヌマエビ

f:id:notcho:20210116200125j:plain
ガラス面はムリですが、水草や底床に繁殖する苔は
バンバン食べてくれる水草水槽に必須のニクイ奴です。
柔らかい葉が食害を受けるコトがありますので、
苔が少ない時期、僕はコリドラスタブレット(餌)をあげてます。
 

ラムズホーン

f:id:notcho:20210116200141j:plain
ガラス面の苔を食べてくれます。
しかも、水温が高いとかなり爆殖します!
僕の場合、夏場は増えすぎるとカメにエサとして与えています。
単体だとピンクで綺麗なのですが増えると気持ち悪いです、それくらい増えます。。
 

石巻貝

f:id:notcho:20210116200156j:plain
ガラス面の苔を食べてくれます。
でも貝全般に言えることですが水質が弱酸性だとボディが溶けるようで
僕の経験では死にやすかったのであまり入れてません。
ラムズのほうが水草水槽には適応してくれたイメージが経験上ありますね。
 

オトシンクルス

f:id:notcho:20210116200209j:plain
ガラス面の苔を食べてくれます。
餌はガラス面に苔があれば要らないかもしれません。
ただ、油断していると餓死させてしまいますし、
普段からガラス面を這っていたり流木の裏で隠密行動しているので
思い出したらいなくなってるコトが多い。。
見た目も可愛いマスコットキャラなので観賞魚としてもGOOD☆
まぁなかなか見えるところにいてくれませんが。。
 

ミニブッシープレコ

f:id:notcho:20210116200229j:plain
ガラス面の苔を食べてくれます。
オトシンクルスと同様です。
プレコは大きくなる種類なのですがこいつは大きくなっても体長10~15cm程度☆
とは言え、オトシンクルスよりはかなり大きくなるので苔取り能力は期待できると思います。
僕は目が怖いので飼育したことないですが、結構アクアリストには人気☆
柄が綺麗なインペリアルプレコになるとかなり高価格で販売されています。
 
 

ガラス面のお掃除、結局は・・・

貝に頼って少しは苔を食べてもらうものの、
結局は2週間に一度くらいは人の手による掃除が大事ですね☆
 
冬はいいんですが、夏場は本当に苔が増えるので緑の頑固な苔がガラス面にモザイクをかけて
水景を見えなくします。。それではせっかく作ったレイアウトも勿体ないですからね!
 
そんな訳で今回はいい機会だったのでガラス面の掃除方法についてまとめてみました。
次回は10年を振り返ろうと思いますよ、コンコーン!(ばいばーい)

【アクアリウム始めるか迷ってる人へ】水槽の設置場所は初めに気を付ける!

コン!(ちわっ)、
全自動テラリウム歴3年、アクアリウム歴10年、アクアテラリウム歴2年の
葉きつねです。
 
アクアリウムはおうち時間で楽しめる趣味
コロナ渦もあって趣味が変わった人もいると思いますが僕は変わってません。
 
アクアリウムなら家の中で出来ますから。
 
旅行で山歩きとか自然散策が好きだったけど宿泊に不安があるって人には
ぜひ安全な家の中で自分で好みに作った箱庭を楽しんで欲しいです!
 ※旅行がコロナ渦でダメだとは思ってません。
  リスク低くするなら人と合わない趣味が最善だよね、という意味デス
 
そう言いつつ、、、
 
交流できる仲間が欲しい!
あ、、コロナ渦を理由におすすめしてますが
別に関連業者じゃないですよ、アフェリエイトとか宣伝・広告とかもしませんよ。
孤独にアクアリウムやってるもんで、友達が欲しくてブログ書いたりツイートしたりしてます(〃A〃)ハズカシー
アクアリウムって日本の水道水の水質が合ってるのでいい環境なのに人口少ないんですよねぇ。
アクアリウムメインなのにキャンプ記事が数週間でアクセス数トップになってて悲しかった。。
(さすがにキャンプには勝てませんよね。。)
 
さて、本題は「水槽の設置場所」です。
始めるに当たって「場所がないよ~」って人もいると思うので経験を元にまとめてみました。
 
 
 

気をつけるポイント

注意すべきは4点です!
①日光が当たらない場所を選ぶ
②電源が取りやすい場所を選ぶ
③水漏れしても平気な場所を選ぶ
④作業しやすい場所を選ぶ
これ以外にも水平な場所にしないといけませんがここでは割愛します。
 
 

①日光が当たらない場所を選ぶ

理由は2つ。
1つ目は真夏に水温が急上昇して生体(魚)に悪影響だから。直射日光じゃなくても窓越しでも真夏はかなり温められてしまいます。
水槽はヒーターで水温は上げやすいけど、
ファンで冷やすのは4℃くらいしか下げられないからなるべく温めない環境の方がいいです。
 
2つ目は苔が増えるから。
光量測定器で日光やデスクライトを比較すると圧倒的なのが分かると思います。

f:id:notcho:20210107101413j:plain
それだけ光合成して繁栄しやすくなる。

アクアリウムは水草が元気で育つけど、
苔にまでは栄養がいかないギリギリを狙うと掃除の手間が少なく済みます。
それを実現するために照明の点灯時間で調整するんですが太陽光は強すぎます。
 
ルーメン?ルクス?
ルーメンは「照明器具から発せられる光の束」
ルクスは「光に照らされた箇所の明るさ」
故に製品スペックはルーメンで記載されていますが、
実際に水草に当たる光量はルクスで計測します。
 

②電源が取りやすい場所を選ぶ

f:id:notcho:20210107101522j:plain
アクアリウムは電化製品を結構使います。
少なくとも4つは無いと夏場、冬の厳しい室温を乗り越えられません。
また、壁コンセントから遠いと延長コードの引き回しに苦労するかもしれません。
OAタップで解決出来ますが、アクアリウム製品のコンセントって
変圧回路が大きかったり変な形状してて1口塞いでしまったりしますので要注意です。
 
ワンポイント!
あ、ちなみに掃除の際にポンプだけ停止させて作業したい!
ってコトになるのでスイッチ付きのOAタップを購入しておくといいですよ♪(葉きつねの勝手なこだわり)
つまり4口以上あるスイッチ付きOAタップを買いましょう☆
 
 

③水漏れしても平気な場所を選ぶ

水に弱い家電製品の近くはやめたほうが良いです。
ウッカリ水をこぼすって絶対やっちゃうんです!
つい同時作業してたら忘れてて溢れてたり・・・
ホースを片付ける時に残り水がホース内から零れたり・・・
注水時に固定が甘くていきなり暴れだしたり・・・
 
そして床に防水シート敷いたほうが安心ですね、滅多に水槽や水槽台を動かすって出来ないので
こぼしたらシミになってしまいますよ。。(うちはもう手遅れ、、見ないようにしています)
 
水槽が割れる可能性も!
水槽はガラスやアクリルですから、もし水平が取れていなかった場合には
荷重の負担が集中して割れたりする可能性だってあります。。
 
オーバーフロー式水槽を選んだ方は絶対注意!
構造上、詰まると溢れます。
僕はよく自作でオーバーフロー作るんですが排水パイプの径が小さいせいか、
フィルター代わりにスポンジを穴に詰めておいたら水が溢れて大変でした。。
(その時は近くに50インチテレビ、録画用HDD2台あって焦った・・)
 
 

④作業しやすい場所を選ぶ

水換え、水草トリミングなどで作業場があると便利です。
バケツを一度置くための場所とか、サイフォン式で注水するなら
水槽より高いところにバケツが置ける頑丈な棚があると便利☆
他にも壁にフックやワイヤーネットを掛けておけばハサミやスポイトをぶら下げらます。
全て水に浸かるので最後に雑巾で拭いて乾かす場所も欲しいところ。
 
まぁこの作業しやすい場所ってのは”欲張るなら”って話なので必須ではない事項ですね。
 
 

環境別オススメ設置案

これを踏まえて環境ごとにどこに置くか考えてみました。
引っ越しの度に、どこに置くか家族と相談しては
僕しか分からないデメリットをクドクド説明して交渉してきました。
あとで水槽の移動なんて絶対やりたくないですから・・・。

 

家が狭い人はリビングに置こう

電源取得箇所が多く、水道蛇口からも近い場合が多いので一番設置環境が整ってるんじゃないでしょうか。
水漏れ対策は水槽台の下に防水シート(ブルーシート)を敷けばいい。まぁ家電周りは避けたほうがいいですが。
日光には気を付けてほしいです。時間帯によっては当たっているコトがあります。
 
指摘を恐れずに言えば、テレビ台の端とか本棚の空いているスペースとかどこでも置けます。
20cmキューブ水槽とかボトルアクアリウムにすれば重さがそんなに無いのでそんな場所でも大丈夫!
 
水槽の重さ目安
水は比重が1なので容量60Lなら60kgです。
水槽自体は60cm水槽で10kg程度。
 
正直オススメしませんが、僕は最初タンスの上で60cm水槽をやってました(笑)
水漏れたら洋服濡れちゃうし、フィルター設備やミドボンが隠せなくてゴチャゴチャしてたし。。
 

大事な家電を避けるなら玄関、廊下に置く

水漏れしても拭けばよいのでオススメです☆
エアコンがないと思うので気温も変化しにくい。しっかりヒーターやファンを入れれば安定。
ただし日光が当たらないように避けてください。
日光は苔を繁栄させて水槽の見た目を汚すから掃除頻度が増えてしまいます。
 

設置したら放置してしまう飽き性な人はトイレに設置する

電源ケーブルの取り回しに難ありますが、水漏れの心配は少ないし暇な時間ですので水槽を眺めながら用を足すのは楽しいんじゃないでしょうか。
リビングに置いてあっても正直、他にやる事が多いと水槽を眺める時間は実は全然なかったりしますが
用を足しながらならスマホ持ち込まない限りはじっくり観察が出来るでしょう。
よく観察したほうが当然、変化に気付きますから水草育成にも熱帯魚飼育にも悪いことはありません。
 

最後に

経験を踏まえて色々書きましたが、気軽に始めて欲しいのが本音です。
でも水槽って重いし動かすのに労力がかかる物で、
水を扱う以上は大惨事にならないように考えて設置したほうがいいと思うので参考にしてみてください~☆
 
それではコンコーン!(ばいばーい)

手軽に出来る水換えシステムを考えた2021

コン!(ちわっ)、アクアリウム好きなのに
週に一度の水換えが億劫なダメなアクアリスト代表の葉きつねです。
 
今回はこれまで引っ越しの度に考え直してきた水換えの楽ちんな方法について
アクアリウム歴10年になる葉きつねが記事にまとめてみました☆
書いてまとめることで新しいアイディアが生まれるといいなー
 
 
 

水換えが必要な理由

f:id:notcho:20210104164207j:plain

熱帯魚に与えた餌の残り、魚の糞尿で水は汚れていきます。
そもそも水はそのままでは細菌が繁殖して腐ります。
これを主に2種のバクテリアによって汚れを分解していますが
それでも硝酸塩などが取り切れません。
故に定期的に水を換えて硝酸塩を薄めています。
 
別の記事で書こうと思いますが、
飼育水を育てるコトが大事☆っていうのはつまり、
バクテリアをしっかり繁殖させるってこと!
その上で水換えしていれば、ひとまず淡水アクアリウムは出来ます☆
 

水換え給水方法

今回は葉きつねが試したコトのある4つの方法を紹介するよ~!
 ①一般的なノーマル水換え
 ②水換えついでに筋トレしたい人向け
 ③水換えで腰を痛めやすい人向け
 ④初期投資してでも楽したい人向け
 

①一般的なノーマル水換え

f:id:notcho:20210104164523j:plain

最も一般的な水換え方法。
掃除のしやすさはあるけど、蛇口で給水してからの移動が大変だし水が零れて家を汚したり。。水槽に注水するのにサイフォンの原理(※1)を利用しますが高いところにバケツを置く場所が場所なくて肩に担いでました(笑)
 
※1:サイフォンの原理とは…
-図解の挿絵-
ホースの中に空気がない状態(水で満たす)と水の重みで多少の高さなら登れます。
これを利用してバケツ自体を水槽から高い位置に置いてホース内を水で満たせば水槽に自動で注水される仕組みのコトです。
  

②水換えついでに筋トレしたい人向け

f:id:notcho:20210104164648j:plain

災害用の水タンクに水道から給水して人力で水槽前まで移動する。
必要なら水槽への注水時はサイフォンの原理を利用して
持ち上げたら更に筋トレ出来ます(笑)

 

③水換えで腰を痛めやすい人向け

f:id:notcho:20210104164745j:plain

庭ホース1500円くらいで購入し蛇口につけて水槽前のタンクへ給水する。
水槽に注水する際はサイフォンの原理を利用する必要があるので
高い位置にタンクを置いて、下の写真みたいなポンプを
100円で買ってくれば電動ポンプ要らず!
f:id:notcho:20210104164921j:plain
 

④初期投資してでも楽をしたい人向け

f:id:notcho:20210104165003j:plain
水道水に浄水器を介して塩素を除去してしまおうというシステム。
1つ前の腰を痛めやすい人向け同様にリールホースを繋げれば
水槽まで水を一気に運べます。
ただし、水温調整がしにくいのがデメリット。
 
まぁハイポ2粒入れるだけだと思うなかれ!
タンクが要らなくなるのは大きいかもしれません。
置き場に困るデカい物なので。。
 

水換え排水方法

排水方法はほぼ一択と思っていますが2つ紹介しようと思います。
僕は二つ目の方法を構築したものの、数年前から使ってません・・・
なぜなら、掃除がやっぱり大事だから。。
 

①プロホースでタンクへ排水する

オーソドックスだけど、底床掃除も出来るので1番のオススメ☆
今は各社様々なものが売っているので詰まりにくい、
開閉弁が壊れにくい、ポンプ部の柔らかく破けにくいものが
長く使えていいと思います!

水作 プロホースエクストラ M 関東当日便

価格:985円
(2021/1/4 17:11時点)
感想(74件)

 

②外部フィルタに排水用の分岐を設ける

f:id:notcho:20210104165058j:plain

これはジョイントを設ければベランダ排水口へ直接排水も出来るお手軽な方法☆
ただし、水槽内の底床掃除が出来ないのと
ベランダ排水口にはゴミ除去する網などが無いと詰まる危険も。。

 

効率化しても限界が・・・!!

やはり、これ以上の効率化は難しいですね。。
扱うものが水なので家を建てる段階で常設する設計にして
水槽の真上に蛇口作るとかしないと(笑)
 
他には水換え自体の頻度を減らす方法もあります。
テトラ社のメンテナンスウォーター“ 水リサイクル”が気になっています!
どうやらこの製品はバクテリア繁殖に効果的らしく、
最初に説明しましたが”硝酸塩を沢山分解してくれる飼育水作りが出来る”そうです☆
 
最後に僕の普段の水換え方法を動画にしています、
良かったら観てください↓
(僕は給水方法は②、排水方法は①です)
 
 
また、より良い方法があればシェアします。
他にこんな方法もあるよ、ってのがあればコメントください☆
 
では、また!コンコーン(ばいばーい)

苔のミスト式&水耕栽培をしてみました

f:id:notcho:20201225134539j:plain

コン!(こんちわ)、葉きつねです。
夏から秋にかけてミスト式栽培をしてカビ発生させたりして
思うように育たなかった苔たち。。
 
反省点としては換気!
 
換気の不足は水カビを発生させて苔の成長妨げになります。
ですが、なかなか換気する勇気が出なかった。
水不足で乾燥するのも怖かったから・・・。
でも苔って乾燥しても復活するような奴らなんですよね、、
水カビで死滅させるよりは仮死状態のほうがマシです!!
 
そこで今回は今までのミスト式で頻繁に換気をしてみるパターンと、
水耕栽培に挑戦してみました☆
 
前回の記事で水草は水耕栽培実験をして成功していますが、
今回は苔編ということで2か月半ほどの経過観察をご報告します。
 
 

実験方法

①ミスト式栽培(換気多めパターン)
これまで使っていたケースをそのまま使い、上からサランラップをして密閉します。
砂が湿ってきたら換気して蒸発させます。
真夏を過ぎた10月という時期なので、そこまで蒸れませんので
いい結果が出るんじゃないかと思います。
 
②水耕栽培
プラスチックケースに無造作にホソバオキナゴケをブッコミます。
(ホソバオキナは元から無造作ヘア)
苔なので維管束を持っていませんから、水は毎日しっかりと
苔全体が湿るようにケースの底に水が溜まるくらい注水します。
毎朝、古い水は捨てて新しい水を水道蛇口から給水していきます。
 

経過日記

2020年10月6日
①ミスト式栽培

f:id:notcho:20201225134546j:plain

前回までの実験でミスト式ケースが大きすぎて乾燥気味だった可能性を考えて、
この小さなケースで実験します。
前回は左右のケースで砂の高さを変えて水カビ発生の違いを実験したりしていました。
故に今回もその高さによって違いが出ないか含めて見守っていきます。
 
②水耕栽培
右下がホソバオキナゴケ
この後、水道水入れて薄く水面引いてます

f:id:notcho:20201225134556j:plain

写真がわかりにくくて申し訳ないですが、、
一部緑色と乾燥して薄茶色になった部分が混在しています。
 
1ヶ月後(11月4日時点)
気温も平日仕事中の9時-19時以外はエアコン付けてないので15℃前後、
あまり元気の出る気温じゃなくなってきた。
 
①ミスト式栽培

f:id:notcho:20201225134606j:plain

左のケースは半分くらいが薄茶色で枯れていたと思っていましたが、
なんと復活しました!!
 
②水耕栽培

f:id:notcho:20201225134614j:plain

左側の黄色くなった苔は後から追加して、復活を期待しています。。
右端の元々植えていたホソバオキナゴケは完全に復活して緑も綺麗。
 
2020年12月22日時点
①ミスト式栽培

f:id:notcho:20201225134624j:plain

うん、いい感じ。
やはり敵は水カビのようです。
 
②水耕栽培

f:id:notcho:20201225134637j:plain

なんと、枯れていた左側も緑色に復活!!
苔の強さを感じます。。
 

実験結果

換気をしたミスト式栽培も水耕栽培も成功と言えるんじゃないでしょうか?
気温も15℃以下に下がってきた時期ということもあるかもしれませんが。
 
苔の大敵は水カビ。そして蒸れると溶ける。
その点、水耕栽培していれば水不足にもならないし、
カルキ入りの水道水を入れているせいか水カビも発生しにくい。
栄養も要らないので液肥も不要です。
 
よく雨上がりに道端で見かける苔たちは
雨水の溜まる、水はけの悪い風通しの良い場所に生えています。
似た環境を水耕栽培で創れるんじゃないでしょうか。
問題は水没しない高さを作れるかどうか。
 
よし、水草と合わせて水耕栽培装置を製作始めようと思いますっ!!
光量の要る水草は上部、要らない苔は下部で水を循環させた水耕栽培システムを
構築していきます☆
 
また制作過程含めて報告していきたいと思いまーす。
ではコンコーン!(ばいばーい)
当サイトは第三者配信の 広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。