著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用して旅先の歴史、ゲーム、筋トレなどを変わった実証実験など経験を語っていくブログです。

水草栽培場を拡張し勢いづいてきたと思ったら。。

コン!(ちわっ)、葉きつねです。
今日は水草と苔をミスト式で安定的に育てられないか実験を始めようという記事です!
 
ミスト式は水質の影響を受けないんだよ~
生体に掘り返されないのでカンタンなんだよ~、、
などと噂を聞いた葉きつねはこれまで水草を溶かしたり枯らしたりして、
その度に購入してアクアリウム経済圏に貢献してきました☆
 
「アクアリウムに向いた、育てやすい植物である水草すら茂みに出来ない」
 
そんな僕が試行錯誤しながら色々試した結果をここに残して、
いつか・・・
 
「植物の育成は葉きつねに聞け」
 
と言わせる存在になりたい。
 
 
 
はい、そんなバカげた夢はさておき、
水草が溶ける度に1500円程度のお金が財布から忽然といなくなる!!
バカになりません、、水草購入費。
 
熱帯魚が好きな方はただの水景の一部なのでこれでもいいんでしょうが、
僕は水草が好きでアクアリウム始めたんですから、ちょっと頑張っていきたいです
 
■水草栽培場の拡張をしました
そんなわけで光量やら気温、水質を変えた小さなケースで実験してきた水草栽培場を大きくして3つにしました。
(実験は継続中、実験結果によって大きくした栽培場も手を加えていきます)
 ①アクアリウム素材の水草活着ケース
 ②苔育成ケース
 ③水草育成ケース
 
①アクアリウム素材の水草活着ケース
 
5月16日から60cmスリム水槽をミスト式水草活着場にしてみた(写真左側)

f:id:notcho:20201010081827j:plain

写真は結露してて全然わかりませんが大磯砂を2cmほど敷いて、そこに流木と黒石を入れた。
これらにウィローモスを上から置いて毎朝、霧吹きで水やりをしていきます。
他のブロガーさんの記事を見てると1ヶ月もすれば活着、出来ればそのまま育ってくれないかなぁ~
 
②苔育成ケースと③水草育成ケースを設置
活着ケースの右側に苔育成場と水草育成場を増設!
上の写真でど真ん中に製作途中のケースが見えたと思いますが、
構造は軽石+ウールマット+鹿沼土。
霧吹きで溜まった水を抜くための塩ビ管はケースの底まで伸びているので溜まった水はスポイトで吸い出せます。
 
5月16日
苔育成場を設置した。

f:id:notcho:20201010081929j:plain

真ん中の黒いのは汚らしいですがホソバオキナゴケを撒きゴケ法のように散らしたものです。
左下に見えるのがその元となった苔。
(これまで密閉した瓶で育てていた、いや一年近く放置して完全に茶色に枯れていたものを水やりして復活させました)
そして、右側には写真だとわかりにくいですがハイゴケを撒きゴケしてますっ
 
5月19日
水草育成場を設置した。

f:id:notcho:20201010081938j:plain

左側がフレイムモス。右側はプレミアムモス。
それぞれ下側に契って広範囲に撒いて、元が上側で石に活着しています。
 
 
■3ヵ月後の結果:まずは苔たちから!
そして、設置から3ヵ月程度が経ちまして・・・
 
7月29日
苔育成場

f:id:notcho:20201010081946j:plain

がびーーーーん!
 
左下に見えるホソバオキナゴケは、結局、また枯れてしまいました。。
撒きゴケ法で中央に散りばめたホソバオキナも増やそうとしてたのに枯れた色に変化。。。
 
右側のハイゴケはとても成長して伸びているが色が薄く元気がない。。。。
 
ミスト式苔栽培の結論
完全に失敗。。
ホソバオキナゴケは湿度が不足している模様。
水はけが良い底床+毎日1回の霧吹きでは水やり不足の様子。
 
春に薄緑色の蓋のついたクリアケースで密閉した環境で
水やりを数週間に一度してアクアライトに当てていたら復活した。
このコトから光の要求量は少ない、液肥も不要ということは分かっていて
他に何が違うかというと空間の広いケースに水はけの良い底床を使っていること。
 
ケースが大きいのでいくら密閉していても水分がコケに行き渡らないのでしょうか・・・
 
■3ヵ月後の結果:水草のほうは・・・?
 
 
水草育成場

f:id:notcho:20201010082001j:plain

左側のフレイムモスは色は薄いが伸びてる。
 
右のプレミアムモスは黒く水カビにやられた様子で枯れてしまった。
撒きゴケ法で散りばめたプレミアムがいくつか生き残っているのでこれから救う方法を考えよう。。
 
ミスト式水草栽培の結論
苔以上に要求水分量が必要なはずなので湿度の不足は苔と同じく足りてない。
ミスト式で糞尿もないので、多量必須栄養素が不足している可能性もある。
 
■ミスト式の結論
ミスト式は諦めるーーーーー!
ミスト式はメリットもあるが、、安定した環境をつくるのが困難。。
 
○底床が動かないので活着しやすい
○苔との争いが無い
○設備が簡易
×ケースの大きさで異なる最適な霧吹き量は、湿度不足に陥りやすい
×カビが生えやすい(換気が必要だが湿度とのバランス調整が難しい)
×毎日霧吹きの手間がある(旅行にいけない)
 
なので、次は水耕栽培で水上葉育成に変更デス!
次回の記事は水耕栽培奮闘記!
コンコーン!(ばいばーい)

今年出来たばかり!フォレストピア七里の森キャンプ場の体験log

コン!(ちわっ)、コロナ影響で度々キャンセルになる旅行でしたが
2020年の夏はアウトドアで密を避けたキャンプを楽しんできた”葉きつね”です。

感染リスクを下げるために色々気を遣った旅でしたが、
子供も含め楽しめたんじゃないかなぁ~♪

 

キャンプ場は今年出来たばかりのところに行ったので、
情報が少ないので記事でシェアしようと思いま~す

 

 

キャンプで気になるポイント”お風呂”と”トイレ”

僕がキャンプ場で最も気にする部分は2点。

①銭湯が近くにあるか
 今回はコロナ渦の中なので①は不要でしたが、
 調べてみるとキャンプ場から車で25分くらいのところに
 2か所ほど銭湯がありました。
 35分くらい運転出来れば益子町まで行けるので、
 ここまでいけばもっと日帰り温泉もあるみたいですね。

 シャワールームもあります。
 出来たばかりのキャンプ場なのですごく綺麗でした☆

 

②トイレが綺麗か
 ここはまだ出来たばかり!とはいえ、元は別の施設だったところを
 増改築しているキャンプ場です。
 トイレは古いままだったりするかもしれなくて心配でした。。

 結果は◎
 虫の死骸が落ちているところとか多いんですが、しっかりお掃除されています。

  

サイトの雰囲気は深い森といった感じで〇

f:id:notcho:20200814092557p:plain

大きな山が見えたり、ご来光を拝むといった事は出来ませんが
見上げると木漏れ日が綺麗な森の中といったサイトです☆

風は木々で遮られるので芝サイトと違って少ないと思います。
僕はセミが苦手なんですが、森の中なので夏場は沢山いるので
そこは注意(他のキャンプ場も一緒ですが)

 

広さはそこそこ

木々の間にスペースがあり皆の移動する道を考慮すると、
フリーサイトのフォレストサイトはそこまで広くありません。
予約でフリーサイト取るので埋まることはないとしても、
いい場所を取るなら早めに行くのが吉☆

数えてみましたが大体最大で20箇所くらいでしょうか。
少し拓けた団体用に使えそうな場所やハンモックかけやすい場所など

  

↓↓↓詳細は動画アップしてますのでご参考まで↓↓↓

youtu.be

 

感染対策メモ

 ①自分のテントから出て管理棟へ行く時はマスク必須

 ②買い物は地元スーパーで積み込んでいく

 ③観光は無し

 

では、また別のキャンプ場行ったらシェアしますっ☆
コンコーン!(ばいばーい)

水草の栽培実験~キューバパールグラス編~第4回経過報告書

コン!(ちわっ)、葉きつねです。
今日は栽培実験2回目の経過報告をします。
 
前回5月8日に、2回目の実験ケースを設置しました。
その時の記事は↓です。
 
今日はその結果報告記事となります。
タイトルが連番付けたので非常に混乱・・・・

1回目設置記事➡1回目結果➡2回目設置➡2回目結果(今回)

・・ってことで第4回経過報告なんですねー
(どうでもいい話でした)
 
それでは設置時点の写真から見ていきましょう!
 
 

5月8日(設置時)↓

①左側:ゼオライト底床ケース ②右側:高床式ケース

f:id:notcho:20200704073246j:plain
初回の失敗を考慮し、水カビ対策で水はけを2種類の方法で強化してみました。

ゼオライトは吸着効果もあるし、水を貯め込みにくい。

高床式は底床変えずに厚みを持たせて水はけ性能を上げています。

 
 
③前回同様、通常通り植栽したケース

f:id:notcho:20200704073251j:plain
こちらは初回設置方法のまま、初回と環境が異なっている可能性もあるので
前回比較のために設置しています。特に今回は気温や湿度が大幅に上がってきた5月から開始するので、
梅雨もあるし心配でした。設置後は毎日霧吹きで空気換え、水やりを行っていましたが
密閉性が高いため水滴が壁面についたままの日は蓋を開けて乾燥させたり、
水やりを控えたりしています。
気温が30℃以上の日は乾燥させないと蒸れてしまいそうなので。
①ケースはガラス蓋、②はサランラップ、③もガラス蓋でほぼ完全密閉でした。

 

はい!それでは結果です~

 

7月29日(81日後)↓

①左側:ゼオライト底床ケース ②右側:高床式ケースf:id:notcho:20200730072727j:plain
①ゼオライトは枯れていた真ん中が復活、逆に右上が少し黒くなってますが元気ですね☆成功と言えるんじゃないでしょうか? 

②高床式は、というとぎりぎり緑の葉が残っていますが、全体的には水カビにやられたのでしょう。。育成というか、ぎりぎり保存出来たって感じです。 
 
③前回同様、通常通り植栽したケースf:id:notcho:20200730072754j:plainこちらは前回同様の有様、、気温が高かったので
完全に真っ黒に焦げたようになってしまいました。
前回のように水カビでニュルニュルしてなかった。。 

正直、7月に入ってから少し水やりを忘れがちでした・・・
だから、乾燥が足りずに蒸れてしまったのかもしれませんが
①ゼオライトはそれでも耐えられる環境だということがわかりました。

 

考察

正直、7月に入ってから少し水やりを忘れがちでした・・・
だから、乾燥が足りずに蒸れてしまったのかもしれませんが
①ゼオライトはそれでも耐えられる環境だということがわかりました。

そして、思ったより育たないですね・・・
ミスト式は陸地で育てる分、栄養素などが足りないのかもしれません。

 

 

次の実験は2種類

これから8月に入って更に過酷な環境に入りますが
今度は底床を変えてどれが一番良いのか実験してみようかな~

そして、液肥を霧吹きに混ぜて栄養を与えて育成促進させてみようと思います~

 

それでは、次回懲りずに実験しますね
コンコーン!(ばいばーい) 

 

↓これまでの実験記事まとめ↓

初回記事:光量、水やりの水質、気温を変えて実験

www.notcho-camera.com

 

2回目記事:上記実験の結果

www.notcho-camera.com

 

3回目記事:水カビ対策実験

www.notcho-camera.com

 

アオミドロだらけ!苔対策方法【60cmアクアテラリウム】

f:id:notcho:20200704083845j:plain

コン!(ちわっ)、葉きつねです。
アオミドロやら黒髭苔に水中エリアが支配されてきました(笑)
アオミドロは芝生化を狙うグロッソスティグマの隙間にビッシリ!!
大磯砂の小石を黒髭ゴケが覆って真っ黒くろすけが地面に沢山。。
ピンセットでは取り切れなくて、、
肩の筋肉が悲鳴をあげているのでやっぱり生体に手伝ってもらおーと思います☆
 
オトシンクルス2匹 

f:id:notcho:20200730080921j:plain
水合わせ中に並んでいたので可愛くてパシャリ☆

 そして、ピノキオシュリンプ

f:id:notcho:20200730081208j:plain
今回、初めて導入。これまではミナミヌマエビ一辺倒でしたが
アクアショップで安かったし、黒ひげも食べるとか噂を聞いたので試してみる。

 
現在の水槽の惨状
気温が上がってきた頃からアオミドロが繁栄しだしてきました。
液肥を添加していたんですが量が多かった、と今思えば後悔・・・

f:id:notcho:20200730081241j:plain
中央流木は水槽のメイン水景なのに、毛がボウボウに生えて汚らしい・・・

 

f:id:notcho:20200730081422j:plain
生体導入し、2週間ほど我慢・・・

 
 
我慢だ・・・
 
 
 
 
 
 
もう少しで・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全然食べてくれないっ!!
 
 
 
結局、ピンセットでチマチマ除去することにしました。
そして取れた取れた☆大量収穫~!

f:id:notcho:20200730081437j:plain

 
全景

f:id:notcho:20200730081623j:plain
まだ、オーストラリアンクローバーやロタラのトリミング必要だけど、
もう疲れ切ってしまったので今回はここまで。。

それでも中央流木にこびりついたアオミドロは取り切れなかった。。
たわしでゴシゴシしないと取れそうにない・・・一度レイアウト崩す必要あり。。
(それは嫌だぁ~)

 

水底右側

f:id:notcho:20200730081637j:plain
ハイドロバイパーの隙間にビッシリ生えていたアオミドロは大体除去できた。

 

水底中央

f:id:notcho:20200730081647j:plain
大磯砂が見えるようになったw

 

水底左側

f:id:notcho:20200730081656j:plain
底床とガラスの間が、水草が邪魔で綺麗に出来ず残った。。

ここらへんは一度、芝生化を諦めるしかないのでまだ決心できず・・・。

梅雨明けで気温があがるとまたメンテナンス忙しくなるだろう、、
早めに除去出来てひとまずホッとした葉きつねでした。

コンコーン!(ばいばーい)

陸地のハイゴケが黄色に変色、また失敗か!?【アクアテラリウム】

f:id:notcho:20200517081533j:plain
コン!(ちわっ)、葉きつねです。
以前からメイン水槽の陸地を苔むす森にすべくハイゴケを植えているんですが・・・
霧吹きの回数を変えてみたり、霧発生装置を導入したり、色々と考えたものの、
枯れてしまいました。。

 

  

現在の状況から原因を探る!

では、まずは現状です・・・(ひどい有様。。)
f:id:notcho:20200517080651j:plain
朝晩の霧吹きでは足りないっ!?
岩山(写真左側)に貼り付けたハイゴケはスケーピンググルーで固定されているだけで
見事に茶色く枯れてます。。
過去の記事で書いたようにエアコンの風が壁を回り込んで入ってくるようで

乾燥が激しく、、毎朝・毎晩霧吹きしていたんですが枯れてしまった。。
 
じゃあ自動化して霧吹きの回数を増やせば…?
そこで霧発生装置にタイマーを付けて2時間おきに15分動かして水やり
をしたんですが、、これも失敗!!
霧は水面に溜まってしまって岩山あたりは麓すら霧が滞留せず。。
 
成功しているところはあるんです! 
排水ホースからの水の通り道になっている流木の上のハイゴケ(右上)は元気な緑色。
また、ハイゴケのコロニー(右下)はかろうじて緑の部分が残ってます。
崖に張り出した石の上にいるんですが朝・晩の霧吹きの効果ですかね。
でも、あまり綺麗じゃない・・・
 
イモリ飼育者の苔維持に感動☆
ここ数ヶ月苔の維持管理にずぅ~~~と悩んでいるんですが、
イモリウムやっている方とか綺麗に苔を育成してらっしゃって尊敬です!!
イモリ脱走対策で上部に蓋しているので湿度が保たれるんでしょーか??
上部が開放しているアクアテラリウムで苔を綺麗な緑で育てる方法・・・
何かいいアイディアないでしょうか。。。
 
苔維持のアイディアを考えてみる・・・
ビバリウムのシステムで水中ポンプからミストシャワー・・・
これは今も霧発生装置で近い環境にはしてるもんなぁ。。

水はけを悪くしてみるかっ!ケト土なんかを塗りたくって・・・

まだまだいいアイディアが思いつかないので、、
ひとまずはもう少し緑を増やしてアクアテラリウム陸地を少し栄えさせる事にします。

僕の大好きな苔生したアクアテラリウムには届かないので、
観葉植物を植えて一度、苔から離れようと思います・・・(笑)
 

パトリック・ブランを見習って植物選び

では、この環境に適応する植物をパトリック・ブランのように選んでみます。
彼は場所によって環境の変わる垂直庭園を創るのに植物の特性に合わせて選んだそうです、さすが植物学者・・・って僕はそんな大層なことは出来ませんが、
アクアテラリウムの乾燥した陸地に合う植物を選ばないと苔のように育ちません。。

 <チョイスの条件>
 乾燥に強く、水はけの良い土を好む植物で水耕栽培が可能な
 葉が小さくアクアテラリウムに向いたものを探してみましたよー。 
 
候補①ミューレンべキア

f:id:notcho:20200706073149j:plain
活着はしないけどツルのように細くワサワサになる。
別名ワイヤープランツのほうが園芸店で馴染みですね。
グランドカバーになるので屋外でよく使われています。
アクアテラリウムに使うには光量が懸念あり。


候補②ベンジャミンバロックまたはフィカスプミラ

f:id:notcho:20200706073233j:plain
葉が丸まっているのが特徴のベンジャミンバロック。

 

f:id:notcho:20200706073317j:plain
葉の淵が白くてオシャレなフィカスプミラ。

もう岩山の壁(写真左側)は諦めて火口にコイツを入れちゃって、
岩山のてっぺんからまん丸の葉を密生させて、
壁は流木貼って大木にしちゃうっていうレイアウトもいい。 
 
候補③ディコンドラ エメラルドフォールズ

f:id:notcho:20200706073421j:plain
グランドカバーに使われるくらい育てやすく匍匐して成長していくので
上手く誘引さえ出来て岩山に巻き付けていけば……
ただ、屋外で使われる植物なので光量が心配あり。


候補④多肉植物系

f:id:notcho:20200706073446j:plain
環境条件が最も合いそうなのが多肉植物。
サボテン同様に乾燥に強く、水耕栽培も出来るので土が不要。
でも、、渓流をイメージしたこの水槽に合わないんだよなぁ。。
そして光量も2000lux程度のLED照明では足りない気がします。

 
候補⑤フィカスs.p.
つる性の小さな葉を匍匐させる種類のフィカス。
これはレアなようでネットで探して1店舗しか見当たりませんでした・・・。
(写真も見つけたらアップしておきます・・)
 
 
素人なのでこの程度しかセレクト出来ませんでしたが・・・
それでも頑張って色々考えたのですが、、
園芸店に行くとお目当てはそうそう見つから無くて。。 
 
結局、シマトネリコとアスパラスマイラックスというつる性植物を購入
 
(-ω-;)アレ? 
 
これを造形くんで乾燥した岩山の麓、
右側流木で黒ずんだスナゴケを撤去して貼り付けました。
 
(-ω-;)アレレレ? 
 
気を取り直して、じゃじゃーーーーん!f:id:notcho:20200517080726j:plain
当初、写真真ん中に配置していた流木2つは撤去! 
 

結局は衝動買いして配置!!

園芸店で綺麗な緑色に一目惚れして衝動買いしてしまった、、
環境が合うか、お店の中で少しググった程度。

f:id:notcho:20200517080735j:plain

 
正直、調べて書いてあった通りに育てて成功したことはありません・・・

f:id:notcho:20200517080744j:plain

 

それでも全く環境の合わない植物には手を出さないようにしています。 

f:id:notcho:20200517080757j:plain

一目惚れした相手が自宅のお気に入りの場所で枯れていくのを見るだけなんて・・・
そうならないような植物ではありそうでした♪

ただ、このままでは寂しいので根元に性懲りもなく苔を貼り付けます。

f:id:notcho:20200517080806j:plain
またこのハイゴケ枯らしてしまうんじゃないか・・・。
前回と異なるのは水はけが悪い「造形君」を土台にしていること!

 
造形くんの土の上なので、前回の岩の上より湿度が保てる。
これで育ってくれたら造形くんを追加購入だな!!
 
水槽上部は開けておくしかないんです!
湿度を保つためにサランラップで密閉する実験もやってみた、、
でも、そうするとラップに水蒸気がついて光が乱反射して弱くなってしまい
ロタラが上に伸びた。。

f:id:notcho:20200517080814j:plain
右の密生したのがそのロタラ。
まぁ、これはまん丸に密生してもいいんだけど、光が弱くなっているってことは
水中のグロッソが徒長を始めてしまう。。

 

芝生化させたい僕としては、それは避けたい!!Σ(|||▽||| )

 
さてさて、どう育ってくれるか楽しみです☆

f:id:notcho:20200517080826j:plain

 
写真を見ながら思う自己評価
右側はなかなかイメージ通りに成長してくれた♪
問題は真ん中から左側にかけて、、砂漠のようだ。。
 
また、報告させてもらいます☆
コンコーン!(ばいばーい)
当サイトは第三者配信の 広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。