著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用して旅先の歴史、ゲーム、筋トレなどを変わった実証実験など経験を語っていくブログです。

【トロとパズル】厳選したゲームを詳しく紹介してみる

f:id:notcho:20191012181958j:plain

コン!(ちわっ!)、葉きつねです。
台風で外に出れないのでおとなしくゲームして紹介記事を書いてます。。
被害が少ないコトを祈りつつ、心配ばかりしてても仕方ないので
避難の準備、備蓄品確認、庭の飛散防止などは終わったので・・・
 
トロとパズルしますっ!!
 

ゲーム概要

ゲームカテゴリ
2つの要素が特徴☆
1つは人気ゲームに多いフルーツパズル

f:id:notcho:20191012182803j:plain

そしてキャラに言葉を教えてお話する「どこでもいっしょ」な楽しみ方が出来る

f:id:notcho:20191012183142j:plain

教えたい言葉を直接教えることも出来るし、トロから質問してもらうことも出来る。
f:id:notcho:20191012183234j:plain
結構プライベートなコトをきいてくる。。
プレイステーションだとリアル友達と名刺交換して教えた言葉が
広がっていくから根も葉もない噂が広がるので言葉は選んだほうがいい((;^_^A
 

f:id:notcho:20191012183405j:plain

プレステの前作もそうだったけど、面白いのはこのようにカテゴライズがしっかりしているからトロが言葉を使う時はそんなに間違えない。
ただ、言葉を組み合わせてくるから本当に勝手な噂話になってしまう。。
例えば教えたのが家族の名前だとしたら、
トロは勝手に「家族の●●は葉きつねとラブラブらしいにゃ~」とか噂を作り出す。
それが面白いのだろうけど、前作はそれが友達のゲーム内で会話となるから怖かった。。
本作はフレンド機能あるけどどうなのだろう?
絶対気を付けたほうがいいww

f:id:notcho:20191012183933j:plain

これは友達の名前を教えた後のトロとの会話。
友達が勝手に変態か幽霊扱いwww
 
 
デザインカテゴリ
プレイステーションソフト「どこでもいっしょ」のキャラクター

f:id:notcho:20191012184151j:plain

こんな感じで猫の絵本風キャラクターでほのぼのしたデザイン。
前作の「どこでもいっしょ」と違って背景はリアル絵ではなく町並みは普通。
前作は本当に部屋に転がったコーラ缶までリアルに描かれてたんだけども。
 
ゲームの流れ
1.パズルをクリアして☆を入手
2.☆を消費してストーリーをみる
3.ストーリーを見ると新しい施設、機能がオープン
4.町の発展を楽しむ
  キャラクターの呟き(教えた単語を使ってくれることも)を聴く
  観光客が増えてくるので賑わいを感じる
 
ストーリーは章ごとに1~7話くらいのボリューム。

f:id:notcho:20191012184540j:plain

基本的には施設を観光大使として直して町を活性化していく。

f:id:notcho:20191012184624j:plain

 

ストーリー性

概要
メインキャラクターの白猫トロが人間になるのに効果ある温泉に入るために
温泉が沢山あるこの町を観光大使となって発展させていくストーリー。
2章第12話まで進めた感じでは、ホンワカしたポカポカストーリーが続く。
登場人物は徐々に増えていくようで既に3匹目が登場☆
 
見どころ
少し気になるのは町を一人で盛り上げようとしている青猫とその飼い主のお姉ちゃん。
お姉ちゃんは今はこの町にいないようで、そこらへんが少し謎を残しながらストーリーは進んでいく。
 

ゲームシステム

パズル
パズル自体は人気のフルーツパズルと一緒。
同じフルーツを3つ以上合わせると消える。そして4つそろえると
ミサイルになって一列を一気に消せたり、爆弾で周辺を吹き飛ばしたり、
レインボースターは位置を入れ替えたフルーツを全面から消してくれる。
 
故に基本的にはミサイルなどを量産しながら指定された数のフルーツや木箱、
フルーツの裏側に隠された招き猫の小判を目標数集めるとクリアできる。
 
パズル開始前にはミサイルなどを事前にセットできるようなアイテム持ち出しも可能で
難易度の難しいところではアイテムを消費して有利な状態からスタートすることも可能☆
 
トロに言葉を教える
プレイステーション「どこでもいっしょ」と同じくトロに言葉を教えることが出来る。
トロはパズルの後や町を自由に歩き回っている時に覚えた言葉を使ってお話してくれる。
 
「どこでもいっしょ」ではポケステという「たまごっち」みたいな
小さな画面とボタンのついた端末を持ち歩いて、
いつでもどこでも言葉を教えて会話を楽しめた。
それがスマホで出来るので、葉きつねはすごく懐かしい感覚を楽しんでます♪
 
トロの着せ替え
着せ替えアイテムが入手出来て、着替えることが出来る。
これは最初から入手していたヒヨコww

f:id:notcho:20191012185440j:plain

 
宿のお部屋模様替え
この町にバスツアーできたトロはプレイヤーと一緒に宿屋で暮らす。
そのお部屋は自分で部屋の名前を付けて家具を設置できる。

f:id:notcho:20191012192150j:plain

まだ隅っこにテレビ置けたのと、床を絨毯にできるくらい。
これからアイテムを入手していけばもっと手を加えられるかな♪ 

 
絵日記
ストーリーを進めていくとトロの絵日記をコレクションできる。

f:id:notcho:20191012185456j:plain

トロの可愛い絵日記はホッコリしますよ♪

f:id:notcho:20191012185504j:plain

キャラクターデザイン
キャラクター自体はプレイステーション「どこでもいっしょ」を忠実に再現。
まだトロ、青猫のソラ、黒猫のクロと猫ばかりが登場。
ゲームを進めたら「どこでもいっしょ」のロボとかウサギとか登場するのかなぁ~。
 

ゲームのボリューム(町は結構デカい!!)

これがゲーム開始でトロがバスに乗って到着した時に見れる町の全体マップ。

f:id:notcho:20191012181005j:plain

ゲームを始めると最初はこの程度↓しか町が見えません。

f:id:notcho:20191012181219j:plain

これでも順番に町の施設を開拓しているんですよw
1章第7話まで進めてようやく真ん中左寄りにある赤い屋根の宿屋がオープンします
 
でもさっきのマップ見るとまだまだ右上に建物が見えるよね?
実は右上には道の駅があって(下の写真、左下の茶色屋根)、
更に上には商店街入り口が!!

f:id:notcho:20191012181631j:plain

そして更に上を見てみると建物も建っていない未開拓の大地!
この町の可能性の広さに驚くばかり!!Σ(・□・;)

f:id:notcho:20191012181810j:plain


また、進めてみて施設増えたりストーリーに変化、登場人物にロボとか出てきたら記事アップデートしますね~、ではコンコーン!(ばいばーい)
当サイトは第三者配信の 広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。