著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用して旅先の歴史、ゲーム、筋トレなどを変わった実証実験など経験を語っていくブログです。

日本は新潟県湯沢な旅 お宿「湯居蔵間~Yuikurama~」を堪能

コン!(ちわっ!)、気温が上がってきてジム帰りが辛い葉きつねです。
今日はだいぶ遅くなりましたが、、
ゴールデンウィーク旅のお話をしますっ!
 
奥さんがつわり真っ最中なので今回は旅館を楽しむ旅ってことで少し宿を高級なところと奮発して、新潟は湯沢の旅館をチョイス☆
 
ちょっとばかし鋭角で急な坂を登った丘の上にある、このお宿は「湯居蔵間~Yuikurama~」
 
到着すると荷物を預かってくれた後、食堂に通されてウェルカムドリンクのお茶と茶菓子を振舞って貰いました♪

f:id:notcho:20180610080503j:plain

 
僕はスパークリングワインを頂きました☆

f:id:notcho:20180610080515j:plain

笹の香りがふんわりとして上品な味わい。
 
入口にあるレセプションは小さいながらも趣のあるこだわりの空間。

f:id:notcho:20180610080525j:plain

 
お部屋は変わった梁のある昔ながらの和室。

f:id:notcho:20180610080601j:plain

2階が寝室になっていて、1階のリビングからは吹き抜けで2階に繋がっています。
広い空間で空気が澄んでいるように感じました
 
リビングから見上げると見える梁が立派で、
そして少し変わった組み方が特徴的で迫力がありました。

f:id:notcho:20180610080613j:plain

2階の寝室はリビングが覗けます。
床面積は1階の半分って感じになりますが、
シングルベッド×2つで狭い感じはしません。

f:id:notcho:20180610080636j:plain

空間が広く感じる、というか実際に広い!!
和室のリビング隣、2階がベッドになっている1階部分には長いテーブルが置かれたもうひとつのリビングがあります。
 
奥には大きな鏡の化粧机が壁沿いに設置されてアメニティがたぁーくさん!
 

f:id:notcho:20180610080658j:plain

和室の奥がお風呂の湯冷まし部屋になっててマッサージチェアが置かれた室内テラスといった造り。
そこからは丘の下に向かって湯沢駅西側の景色が一望☆
長閑な田舎に来た気分で和みます♪
 
さぁ、メインのお風呂です!!
客室露天風呂ってやつですよー♪
 
どーん!

f:id:notcho:20180610080719j:plain

大きさは2人でゆったり入れる感じ。
子供2人と大人1人とかでもちょうどいいかな。
 
お湯を見てるフクロウは自前の持ち込みです(笑)

f:id:notcho:20180610080732j:plain

 
全面ガラスの窓からは緑が綺麗に見えます♪

f:id:notcho:20180610080746j:plain

 
上の写真でいうと背中側に洗い場があります。

f:id:notcho:20180610080800j:plain

 
源泉かけ流し!
それも湯沢にある湯元の中でも効能が高い湯元から1番近いところにあるというだけに、温度もちょうど良く♪♪
 
広いので気軽に入ったり出たりを繰り返して、
もー、おもいっきり温泉は堪能できた☆
 
肌がスベスベマシュマロになります(///_///)
 
寝室は部屋によってツインだったりダブル2つだったりするようです。今回はツイン

f:id:notcho:20180610080811j:plain

 
宿泊のご案内にはこの宿の想いがいっぱい!!
このページだけじゃなくて何ページにも及んで宿を詳細に説明してくれてました。

f:id:notcho:20180610081044j:plain

14歳以下は泊まれない宿なのですごく静かで落ち着いてました。
 
女将さんも、大変言葉遣いが綺麗で丁寧でコチラが慌ててしまいましたが、
お休みする処としての徹底した信念を感じました!きゅぴーん
当サイトは第三者配信の 広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。