著せぬ葉きつねブログ

文章で著したいけど出来ない著者が写真や絵を多用して旅先の歴史、ゲーム、筋トレなどを変わった実証実験など経験を語っていくブログです。

苔リウム化に失敗!エアコンの乾燥風にも負ケズ。。【60cmアクアテラリウム】

f:id:notcho:20200329182041j:plain
コン!(ちわっ)、葉きつねです。
メインのアクアテラリウム水槽ですがやっぱり苔むした陸地にしたくて、
また実験します。

 
霧発生装置を使って空気の流れが可視化されて分かったんですが、
壁の裏に設置されたエアコンの風が回り込んできていて乾燥を生んでいるようですね。。
 
--【エアコンと水槽の位置関係】----------
|エアコン|
↓↓↓風↓↓↓
     ==壁==
       |水槽|
--------------------------------------------
 
風は壁を回り込む・・・、、
水槽の陸地は思った以上に乾燥した環境のようです。
 

実験概要

まずは乾燥対策!
そして苔が活着しないコトで水の溜まる底面から水分が吸い上げられない。
(苔は根を持たないので身体に触れた部分から直接水分補給します)
 
故に3つ対策しますっ!!
 ①ミスト発生装置で常に加湿
 ②流木活着はミスト式で育成してから配置
 ③風の当たらない同環境との比較
 

実験準備・製作

①ミスト発生装置で常に加湿
設置すればいいって訳じゃなく、問題が2つ!
・ミスト発生装置は水が跳ねる事
・水位が一定でないと霧の量が変わる事
 
これを解決するために使わなくなった外掛けフィルターを利用してみたっ☆
イメージ図にするとコチラ↓

f:id:notcho:20200329182458j:plain

実際はこんな感じ↓

f:id:notcho:20200329182643j:plain
ポンプなどは外してケースだけにしちゃって、
ポンプの穴にエアチューブ通して水を注水。

本来はフィルター部分にミスト発生装置を沈めて高さを少し調整して蓋をすれば…
ほら、水跳ねない( ¯﹀¯ )♪
 
これを水槽の奥側に引っ掛けたらスペースも取らないし最高☆

f:id:notcho:20200329182716j:plain
スイッチを入れれば………

ふわぁ~♪ヾ(●´∇`●)ノ

f:id:notcho:20200329182805j:plain

 
②流木活着はミスト式で育成してから配置
流木は乾燥に強いスナゴケを撒きゴケ法で育成する!f:id:notcho:20200329182829j:plain
キューバパールグラス実験場を少し整理したら
60cmスリム水槽を置いて、中はラップで密閉してミスト式で育成します。
 
スナゴケはハサミで出来るだけ小さく細かく切って…
霧吹きで濡らした流木に貼り付けた。

f:id:notcho:20200329182901j:plain
狭いし、うまくピンセットから離れてくれなくて苦戦したけど何とか貼り付け完了☆

 
早速霧吹きしたら貼り付けたスナゴケが剥がれたΣ(|||▽||| )
 
③密閉容器にハイゴケ!
キューバパールグラス実験場にハイゴケを密閉ケースに入れて設置。
さて、これがアクアテラリウムの霧発生させただけの上部開放された水槽と
どう違うか比較します。
 
アクアテラリウム水槽にはタイマー付けて霧を1時間おきに10分発生させて、
ハイゴケの様子を見てみました。
 
3月18日↓

f:id:notcho:20200329182924j:plain

そして2週間が経過しました・・・

実験結果

霧は安定して1時間おきに加湿出来るようになったので、
数週間すればハイゴケ復活して緑緑しくなるといいなー☆
 
・・・、なぁ~んて思っていたんですが、、数日で気付きました。。
 
霧は水面に滞留し、ハイゴケのいる水槽上部はエアコンの乾燥風で巻き上げられて
大して湿度が上がっていないようでハイゴケはカラカラに乾いていました。。
 
う~~~ん、、やはりポリカーボネートで蓋作るか!?
ライトやら岩山やら、避ける場所が多くて強度のある蓋になるかなぁ・・・
 
また考えて報告しまーす!
コンコーン!(ばいはーい)

【大失敗】ラディッシュをアクアポニックス栽培

f:id:notcho:20200316081119j:plain
コン!(ちわっ!)、葉きつねです。
アクアポニックスシステムにしている観葉植物とカメの共存水槽を使って
野菜栽培を試したのでご報告しまーす。

 

観葉植物とカメの共存水槽のシステム構築・立ち上げについてはこちら

 

 

まずは種を購入!

園芸店で買ってきたラディッシュ。f:id:notcho:20200320072604j:plain
165円で売っていました♪
種によって育ちやすい!とか美味い!とかあるのかもしれませんが
園芸店では一種類しかありませんでした。。
大根とかだと何種類か置いてるんだけどね。 
f:id:notcho:20200320072822j:plain
手に取ってみると小さい!!袋の中にはこの10倍以上の種が!
きちんと育てばコスパ最高☆
成功したら1個20円でスーパーで買ってたのがバカバカしくなるなー、、
なんてワクワクしながら水耕栽培鉢にロックウールを沈めてそこに種を1粒ずつ並べる。

それでは種植え! 

2月9日↓

f:id:notcho:20200320073338j:plain

室温はエアコンの影響もあって16℃だけど、
真冬の2月8日から開始して発芽するのかな( ̄▽ ̄;)
 
 
どんな環境で育つか記録を取ってみます。
自動ロガーで温湿度計測しますっ!

f:id:notcho:20200320073513j:plain
これは手のひらサイズの計測器をスマホと連動出来て、
自動で30日のデータをスマホのアプリでグラフ化してくれるんだよ♪

 

f:id:notcho:20200320073603j:plain
ラディッシュ横に並べた苔リウムとガジュマルの前に置いて計測。

やはりエアコンの停る夜中に湿度復活、
気温は9℃まで下がっているみたい。
 
でも最低外気温-1℃の最近でも、2階室内ならそこまで下がらないんだねぇ
 

遮光で発芽!

2月11日↓

f:id:notcho:20200320073738j:plain
前々日からダンボールで遮光したら発芽しました!

暗くしないと発芽しない、とネット記事に書いてあったので試してみたら2日で発芽!
 
最低気温も9℃なので発芽条件はギリギリ満たしてたしね。
 
2月12日↓

f:id:notcho:20200320073806j:plain
発芽して1日で葉が芽吹きました☆

 

葉が伸びてきましたっ☆

2月18日↓

f:id:notcho:20200320073930j:plain
だいぶ背も伸びてきました。

夜も電球だけど証明をつけて光合成させてみました。成長早い?よね。たぶん。
 
2月22日↓
だいぶ暖かくなってきて平均19℃
暖かい日の昼間はエアコン付けない事もあるので湿度も上がってる

f:id:notcho:20200320074037j:plain

20日経過して収穫・・・?

3月1日↓
2週間前とあまり変わらず。。背が伸びただけで株が出来ません・・・。
摘心しないと栄養足りない?栽培床のスポンジが根を張れなくて失敗??

f:id:notcho:20200320074310j:plain1株をハイドロコーンの入ったグラスに移して、もう少し様子を見ようと思います。

 
3月15日↓
成長が止まった。。
・・・で、調べたら摘心が必要らしい。
摘心とは成長してきた株をいくつか間引いて栄養を集中させること!
 
ちと、これを試してみる!!

f:id:notcho:20200320074508j:plain

3株にしてみた。5株ほど摘心した。これでまた様子を見てみよう。
今日はいつもアクアテラリウムに入れて
水草育成に利用してる液体栄養剤もワンプッシュしてみた。


これでダメなら・・・栽培床を変えてみようと思います。
また報告しまーす!

コンコーン!(ばいばーい)

アクアポニックス~水カビ対策にウダウダ~

f:id:notcho:20200316075100j:plain
コン!(ちわっ!)、葉きつねです。

アクアポニックス立ち上げて2週間、水耕栽培鉢に水カビが発生しました。。
 
立ち上げの話は下記を見てください~
どんな材料を加工して作ったか記事にしてます。
 
カメプールにエアレーションもしていなかった立ち上げ直後と比べれば
エアチューブに少し繁栄しているだけなので水の動きが少ないところが
ダメなんだなーって感じ。
 
でも、このままラディッシュが枯れたら困るのでラディッシュ鉢だけでも対策をしようと焦り始めてます( ̄▽ ̄;)
 

原因は何か?

飼育水の栄養過多?
栄養を吸収してくれる水草がまだ少ないのでメル(カメ)の排尿を処理しきれないのかも。。
カメ1匹しかいないので排尿は減らせないから水草追加していくしかないか?
確かに水草のいなかったラディッシュ鉢だけ水カビが多いような?
 
濾過不足?
濾過不足だとしたら、まだ立ち上がってないのでバクテリアが繁殖すれば落ち着くかもしれない。
鉢の中の淀み?
水耕栽培鉢の中の淀みが原因だとしたら鉢ごとにエアレーションが必要になる。。めんどい
 

実験してみる

じゃあ、鉢は3つもあるので実験してみます!
1つにはエアストーンを、もう1つにはハイドロボールを敷いてバクテリア繁殖を狙ってみます。
 
実験してる間にカメプールの濾過が回り出して2つとも解決するかもしれないけど(笑)
 
さて、アクアポニックス水槽構築の際にエアポンプは強力な60cm水槽用の2分岐タイプにしている。
なので、分岐弁とエアストーンさえあれば追加で水耕栽培鉢にエア供給出来るんでは?
 
◇エアストーン設置
早速設置してみた。

f:id:notcho:20200301190115j:plain
3つのエアストーンにエア供給する事になってポンプは大忙し( ´;゚;∀;゚;)

60cmメイン水槽、アクアポニックス水槽のカメプール、水耕栽培鉢……ひぃぃ!
 

f:id:notcho:20200301190139j:plain
2月15日時点ではエアチューブと鉢底に水カビが。。
底には茶コケも・・・これはまた別で対策考えます(ってか水換え頻度あげます💦)

 
◇ハイドロボールでバクテリア繁殖

f:id:notcho:20200301190203j:plain
こちらのヘデラを入れた鉢も薄っすらとエアチューブに水カビが。。

 
ハイドロボールを入れるに当たって排水口に転がらないように鉢底ネットを使って避ける。

f:id:notcho:20200301190220j:plain

 
排水口の塩ビ管にセット!

f:id:notcho:20200301190256j:plain

 

そこへハイドロボールを入れていきます。

f:id:notcho:20200316075348j:plain
浮いちゃって沈んでくれないΣ(・∀・Ⅲ)

ひとまず、水がハイドロボールを通ってくれないとバクテリア繁殖につながらないので
浮いてるけど良しとします(強行突破!)

f:id:notcho:20200316075447j:plain
これでバクテリアが鉢の中で繁殖してくれたらなぁ〜

 
そんな訳で2つの鉢はこれで暫く様子を見ます!
半月もすればバクテリアも繁殖するだろーし、また結果報告しまーす!
コンコーン!(ばいばーい)

ハイポネックス効果検証、苔失敗【60cmアクアテラリウム】

f:id:notcho:20200314102904j:plain

コン!(ちわっ!)、葉きつねです。
植栽から1ヶ月、メイン水槽水草の経過報告をします。
 
前回植栽した時の記事はこちら↓
メイン水槽のレイアウトイメージ図もあるので
初見の人はこの記事みてからのほうが配置がわかりやすいかも。
 
では水の流れに従って沢エリアからご報告~☆ 
 

沢エリアのオークロ

沢はピグミーマッシュルームに占領され、
根が沢を埋めつくしているがトリミングしてそこにオークロを植えてみた。
 
1月29日時点↓

f:id:notcho:20200309081246j:plain

3月1日時点↓

f:id:notcho:20200309081326j:plain
安定しているものの、あまり成長は見られない。。流木の陰で光量が足りないし沢なので水にもほぼ浸かってないからかな。。

 

池エリアのグロッソ

植栽して1週間後の1月25日↓

f:id:notcho:20200309081412j:plain右に適応できず枯れた子がいる一方、

左寄りにチョビっと生き残った子が1束。
 
更に2週間後の2月8日↓

f:id:notcho:20200309081442j:plainハイポネックスを毎週3プッシュした効果か、

流木を匍匐して登り始めてます♪
 
2月1日に入れたオーストラリアンクローバーも
何とか1週間元気にしているっぽい。
 
3月1日↓

f:id:notcho:20200309081600j:plainあまり伸びてない。。隣のオークロのほうが成長してる。流木を登ってくれたら、と思ってたけどそんなに上手くはいかない(笑)

 

乾燥エリアのハイゴケ達

岩山にグルーピングスケールで接着したハイゴケは霧発生させていても湿度が不足しているようで葉が黄色く枯れてきた。
 
水の通り道においたハイゴケは緑が綺麗なので乾燥が原因だろう。。
朝晩の霧吹きじゃハイゴケには足りない様子。
 
2月3日時点↓

f:id:notcho:20200309081631j:plainだいぶ茶色に。。苔の種類を変えるか、水を回してくるしかないな。

 
流木の上に置いたほうも全く活着せず。。
流木のほうはミスト式で先に活着させることを検討した方が良いかも。。
 

水中のオークロ、グロッソ

水中は成長が遅い。真冬なのもあるけど、水温は一定なのに不思議。
 
左奥にオークロ、中央少し右にグロッソ。
少し深緑色の水草はアクアショップで買った硬そうな偽グロッソ(笑)
名前は確かエラチネ ハイドロパイパー(?)だっけな。。
どれが勢力拡大するか楽しみ☆
 
2月3日時点↓

f:id:notcho:20200309081726j:plainガラスが苔まみれで見にくくてスイマセン。

 
3月1日時点↓

f:id:notcho:20200309081755j:plainグロッソもハイドロパイパーもだいぶ成長してる。

 
ハイポネックスを毎週ソープボトルに入れて3プッシュしてたんだが、
ガラスに苔!底床に藍藻も!!

f:id:notcho:20200309081824j:plainこれからハイポネックスはワンプッシュにして、栄養過多を避けるようにしよう。。

 
栄養多いと元気なのがやはりピグミーマッシュルーム!
1度トリミングしたのに3月1日にはまたこんな状態。

f:id:notcho:20200309081858j:plain右下に見えるハイゴケも真っ黄色。。
毎朝晩の霧吹きで元気に見えたけど、エアコン効いてる部屋では無理なのかも。

 

そろそろ春に向けて他の苔たちも販売始まるだろーから別の種類も試してみよーかな。
 
そんな訳でハイゴケだけ失敗。。
ハイポネックス効果は大きく、少し量を減らしてグロッソ、
オーストラリアンクローバー、偽グロッソの成長を見守ります♪
 
では、また成長報告しますね!
コンコーン!(ばいばーい)

水草の栽培実験〜キューバパールグラス芝生〜

今回はpHと光量、気温の実験をまとめてやっちゃいます!
ごちゃまぜなのでちょっとわかりにくいので図解するとこんな感じ↓

f:id:notcho:20200307101906j:plain

実験概要

実験A:pH効果
PH6.0以下の水を霧吹きした水草とPH7.0以上の水道水を霧吹きした水草で比べる。
 
実験B:光量効果
②午前中のみ直射日光の出窓、①アクアリウム用の高光量照明アクアスカイ設置、③丸電球のデスクライトで比較する。
実験場所の問題で気温が変わってしまうのでパネルヒーターで温めるケースを1つ置く。
 
実験C:室温効果
まずはエアコンが昼間稼働している部屋とそうじゃない部屋で実験。
 

実験場を3つ作る!

①アクアスカイ実験場
 栽培ケース:
     ・pH7.0ケース:A&C
     ・pH6.0ケース:A
     ・pH7.0ケース(PanelHeater付):B
    室温:エアコン無しなので10℃以下
 
②出窓実験場【午前中は日光浴可】
 栽培ケース:pH7.0ケース:B&C
    室温:エアコンあり窓際なので16℃前後
 
③卓上電球実験場
    栽培ケース:光量実験ケース1つ:B
    室温:エアコンありなので16℃前後
 

弱酸性PH6.0飼育水つくり

ピートモスのpH降下作用を利用する。

f:id:notcho:20200307102411j:plain大きめのダイソーに行かないと商品がないお店も。。3店舗目で見つけた☆

 
茶葉パックにピートモスを入るだけ入れて、
それを水道水の入ったボトルに丸一日沈めてみた。

f:id:notcho:20200307102622j:plain

水道水がPH6.7くらいだったので、
何日くらいで成分が溶けてPH6.0になるやら。
 
12時間が経過して水質測ってみると弱酸性になってましたっ☆

f:id:notcho:20200307102732j:plain

むしろ、酸性強いくらい。。
 

ミスト式栽培場つくり

アジアン雑貨屋で買ってきた真鍮ガラスケースを本格的な栽培場にする。
まずは水が漏れないようにコーキング!

f:id:notcho:20200307102945j:plain

マスキングテープでシーリング剤が汚らしくならないようにしてから毎度おなじみのバスコークでコーキング。
冬なので念の為このまま1週間乾かした。
 
真鍮ガラスケースは今後も水草育成に使っていくとして今回実験にはケースがもっと必要。
そこで試験ケースを家の中漁って用意。

f:id:notcho:20200307103036j:plain

ケース毎に霧吹き間違わないように条件をテプラで書いておく。

f:id:notcho:20200307103018j:plain

底床はメイン水槽に水草戻す事を考えて全て大磯砂でやります。水質も変わりにくいので実験もしやすい☆

f:id:notcho:20200307103125j:plain

ふぅ、これで準備はOK!
 

さぁ、実験開始!

ついに水草を植えて実験開始です!
 
①アクアスカイ栽培場

f:id:notcho:20200307103204j:plain

右からpH7.0ケース(PanelHeater付)、pH7.0室温10℃ケース、pH6.0室温10℃ケース。

キューバパールグラス植栽状況

f:id:notcho:20200307103442j:plain

植栽直後は水をヒタヒタにしておく。
いきなり根だけ浸しても環境に適応しないのは
アクアテラリウムで経験済み!

f:id:notcho:20200307103457j:plain

 
 
②出窓栽培場【午前中は日光浴可】

f:id:notcho:20200307103536j:plain

・pH7.0室温20℃ケース
③丸電球ライト栽培場

f:id:notcho:20200307103545j:plain

・pH7.0室温20℃ケース
 
さてさて、全滅して実験結果が分からない!
なんて事にならないようにしっかり水やりしなきゃ(•́ε•̀٥)
また成長状況を報告致します( •̀∀︎•́ )✧︎
コンコーン!(ばいばーい)
当サイトは第三者配信の 広告サービス「Google Adsenseグーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定および Googleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。